仮想通貨 の中でも最も有名なビットコイン 。

この ビットコイン を作った人物として、まことしやかに囁かれているのが、ナカモトサトシという人物だと言われています。
しかしながら、彼の正体はいまだに謎に包まれており、その人物の正体に関しては諸説あります。

 

ナカモトサトシにまつわる様々な噂

ビットコイン を作ったナカモトサトシ

ナカモトサトシの名前が世界に知られるようになったのは2008年のことでした。
彼はネット上に仮想通貨に関する論文を発表します。

 

そのときは草案程度に過ぎなかったものですが、ナカモトサトシはより研究を進め、2009年に ビットコイン を発明しました。
ナカモトサトシの名前をより世界に知らしめるきっかけとなったのは仮想通貨にブロックチェーンという技術を導入したことにあります。
ネット上で通貨を取引するシステム自体は確かに画期的なものですが、一方でネット上のデータは簡単に改ざんされてしまうため、対抗策を練らなくてはいけません。
そこでナカモトサトシはユーザー同士に取引の整合性を担保してもらうシステムを組み上げて、 ビットコイン に付きまとっていた問題を見事に解決してみせました。

このナカモトサトシという人物はいかなる人物なのでしょうか?

 

ナカモトサトシは日本人じゃない?

ナカモトサトシは人前に姿を現さない人間であるため、正体を知っている人物はごくわずかだとされています。
その中の一人であるSBIホールディング会長の北尾吉孝氏は、ナカモトサトシと実際に会って 仮想通貨 について話したことがあると話していますが、ナカモトサトシは日本人でなかった、と証言しています。
となると、ナカモトサトシは一体どこの国の出身なのでしょうか。
一説にはイギリス人でないか、と言われています。

理由としては、ナカモトサトシが書いた論文のほとんどが英語で記されているという単純なものです。
もちろんこれだけなら他の国の人でも可能ですし、アメリカ人やオーストラリア人でもよかったでしょう。
ところが、彼の使う語句にはある特徴がありました。
それはイギリス人だけが使うイディオムやスラングが使われていたことです。


2011年にはこうした推理に基づいてマイケル・クリアーというイギリス人がナカモトサトシなのではないか、という説を取り上げた新聞もありました。
もっとも、クリアー氏は「自分はナカモトサトシではない」と否定しています。
一方で自分はナカモトサトシを知っているかもしれない、とも発言していますが、結局それ以後クリアー氏からナカモトサトシの正体が明かされることはありませんでした。

 

ナカモトサトシは複数のグループ?

イギリス人説のほかにもナカモトサトシの正体を探る説はたくさん挙がりました。
アメリカ人説、オーストラリア人説、そして日本人説、そのどれもがもっともらしいと思われる一方で、はっきりとした決定打にはならないまま正体は謎に包まれています。
そのような中、すべての説を統合したような推理も現れてきました。
それは、ナカモトサトシはあくまでもグループ名であり、 ビットコイン を発明したのは複数人であるのではないか、という説です。 ビットコイン やブロックチェーンのような高度な発明は一人の力で作り上げるには難しく、複数人が知恵を出し合った末にできたのではないか、という推理に基づいたこの説は、他の説に比べて有力視されています。
それにこれならナカモトサトシがイギリス人ではないか、それとも日本人ではないか、と侃々諤々の議論が続けられることにも説明がつきます。

ですが、自分がナカモトサトシのプロジェクトに参加していた、と名乗り出るような人が現れることはありませんでした。

 

まとめ

 

 

ビットコイン が発明されてまもなく10年になろうとしていますが、現在もなおナカモトサトシの正体はわかっていません。
そもそも、ナカモトサトシの活動が確認されることがほとんどありません。
2011年を最後にインターネットに姿を見せることはなくなりました。

彼がいなくなってからも ビットコイン は躍進を続け、今では世界で最も有名な 仮想通貨 となりましたが、彼はそうした動きをどのような思いで見ているのでしょうか。
今後彼の正体がわかる日が来るのでしょうか。