ブロックチェーンについて

近年ファイナンスとテクノロジーを合わせたフィンテックという言葉をよく耳にするようになりました。
フィンテックと合わせてよく聞かれるブロックチェーンは、フィンテックの技術の一部で、 仮想通貨 の取引を安全に行う上で欠かせない技術です。
この技術の歴史や仕組みを、分かりやすく解説します。

 

ブロックチェーンの歴史

ブロックチェーンは、 仮想通貨 である ビットコイン を支える技術として誕生しました。
リーマンショックなど世界金融危機が起きた直後、サトシ・ナカモト氏によって ビットコイン に関する論文が発表されました。

 

発案者であるサトシ・ナカモト氏の正体は不明で、それが本名で個人の名前なのか、グループであるのか様々な説があります。
サトシ・ナカモト氏によって発表された論文には、第三者を通さず低コストで取引できる電子マネーのシステムについて書かれていました。

 

この電子マネーの運用は、中央にサーバーを置かないP2Pという技術を使って行うというアイディアです。
これまでインターネット上での取引は、第三者を介入させることで成立する仕組みを採っており、第三者の介入なしでは取引を成立させることができませんでした。
P2Pは端末同士でデータをやり取りすることが可能でしたが、端末同士での取引は改ざんや偽造が起こってしまうという問題点もありました。

 

その問題点を解決することにより(解決方法は後述)、銀行などの信用できる第三者を介さなくても、信頼性の高い取引が行えるようになり、信用の概念が大きく変わったと言われています。
仮想通貨 が安全に、低コストで取引が行われる上で欠かせない技術です。

 

ブロックチェーンの仕組み

取引された履歴を トランザクション と呼びますが、複数の トランザクション を1つにまとめたものがブロックと呼ばれています。
このブロックが鎖のように連なるように保存されていることから、ブロックチェーンと言われるようになりました。
このシステムが誕生するまで、インターネット上の取引は国や銀行など、中央となるサーバーによって管理されていました。
ですがブロックチェーンは分散して記録や保存がされるため、中央集権型のこれまでのシステムよりも障害に強く、改ざんが困難だと言われています。

 

分散しているのが特徴的なこのシステムは、複数のユーザー同士が管理しており、P2P方式または分散型取引台帳とも呼ばれるものです。
取引されたデータは誰でもチェックすることが可能で、 ビットコイン なら ビットコイン を持っている参加者全員に取引データが共有されます。
改ざんしようと思うと、1つだけではなく参加している全員のコンピュータのデータを変える必要があるため、改ざんすることはほぼ不可能だと言われています。

 

 

また、改ざん防止には ハッシュ という暗号技術が使用されています。 ハッシュ は元のデータを不規則な文字列に変換する暗号技術で、生成された文字列から、元のデータを読み取ることはできないという不可逆性が特徴です。

ブロックチェーンではこの不可逆性を利用して過去のブロックの改ざんを難しくしています。

 

 

まとめ

ブロックチェーンは 仮想通貨 やフィンテックと同じものだと思われがちですが、 仮想通貨 やフィンテックを支える技術のことです。
ビットコイン に欠かせない技術ですが、非中央集権的な側面が、様々な方面で応用できるとして、注目を集めています。
企業の決済サービスやポイントシステム、食品の流通経路の管理などで応用できる可能性を秘めているからです。
この技術が活かせれば、インターネット上の決済や取引の仕組みが大きく変わるかもしれません。