仮想通貨 の投資取引や 仮想通貨 が使えるお店での決済はスマートフォンが利用できても、 マイニング をはじめ、承認作業やより高度な処理となるとパソコンでないと無理だと思われていませんか。
ブロックチェーンを用いたシステムを利用するうえではパソコンが基本で、スマートフォンはあくまでも補助的な役割のイメージが大きいですが、スマートフォンは持っていてもパソコンは持っていないという方も多い中で、どこまで活用可能か現在の状況を見ていきましょう。

主流となりつつあるスマホゲームとブロックチェーン

新たなゲームモデルのクリプトキティーズ

猫の画像
クリプトキティーズはカナダで開発されたオンラインゲームで、 イーサリアム のプラットフォームを用いて、子猫を買って交配させながら自分好みの子猫を育成するというプログラムになっています。
もっとも、もはやゲームというレベルではなく、本格的な猫のブリーダーのような取引がブロックチェーン上で行われています。
レアな猫の取引には日本円換算で1000万円というイーサ( 仮想通貨 )で取引されるなど、臨場感溢れる育成がバーチャルな世界で行われているのです。
大金が動いたといっても、いつまで経っても本物の猫が飼えるわけではありませんが、世界にユーザーを拡大させています。
そんなクリプトキティーズがスマホユーザーの多い中国で、スマホ版のゲームをリリースするとされて話題になっています。
スマホで イーサリアム のプラットフォームをよりスムーズに使えるアプリの開発で、現在でも イーサリアム の2割近い取引額を持つと言われるバーチャルゲームの世界がより広がるかもしれません。

モバイルファクトリーがスマホゲーム開発で話題に

スマホゲームをしている人の画像
モバイルファクトリーは着信メロディのASPサービスからスタートし、位置ゲームなどのソーシャルアプリの提供などでも有名な日本の会社で、2017年6月には東証一部へ上場するなど成長目覚ましいIT系のベンチャー企業です。
同社がブロックチェーンゲームの開発に着手したと大手経済新聞が2018年1月に報道し、同社の株価は一気に上昇を見せるなど話題を集めました。
その後2018年4月25日の同社の発表によれば、モバイル対応のブラウザ兼 仮想通貨 ウォレット 、アプリケーションプラットフォームの研究開発に着手したこと、新たに開発する予定のプラットフォーム上で動くゲームの開発を検討中であることが明らかにされています。
同社の見解によれば、同社が得意としているゲーム分野での展開を計画していたものの、 イーサリアム などのプラットフォームで同社に先行してリリースされている複数のゲームを研究した結果、課題に突き当たったと言います。
その課題とは、 トランザクション 1回あたりの手数料が高く利用促進が阻まれること、スマートフォン等のモバイル環境での動作を予定していないゲームがそもそも多いことから、そのための開発環境の構築や独自言語の習得によるディベロッパー参入障壁が高い点が挙げられています。
こうした現状の問題点をクリアすべく、既存のプラットフォームを利用したゲームを開発するのではなく、アプリケーションプラットフォームの開発からスタートさせ、モバイルに対応できるブラウザ兼 仮想通貨 ウォレット も併せて開発することを決定したということです。

ブロックチェーンスマホが誕生!?

スマートフォンの画像

 

イスラエルに開発拠点を持つスイスのシリン・ラブズという会社が、ブロックチェーン機能を搭載して応用させたスマホを2018年10月めどに、日本をはじめとする世界5か国で発売すると大手経済新聞が報じて話題を集めています。
仮想通貨 の保管や取引も手元の端末で気軽にできる、セキュリティレベルの高い端末が開発される見通しです。
主な機能として、暗号通貨を安全に保存可能なコールドストレージ型の ウォレット をハードウェアに内蔵させていること、ユーザー同士で利用可能な専用 仮想通貨 SRNを発行するといった構想が明らかになっています。
安全に利用できるようにセキュアなP2Pリソース共有や分散型レジャーコンセンサスと分散台帳システムによる万全な改ざん対策、IPSによる侵入防止システムをはじめ、セキュリティが確保されたVoIP、テキストメッセージング、メールなどの通信システムを搭載し、 ウォレット を物理的に保護するためのセキュリティスイッチや生体認証、ロックパターン、ビヘイビアベース認証のトリプル認証システムを搭載することが期待されています。

まとめ

パソコンは持っていなくてもスマートフォンなら持っているというユーザーも多い中、スマートフォンでも便利に活用できるブロックチェーンのシステムの開発が進んでいくのは望ましいことです。
特にユーザーが多いソーシャルゲームやバーチャルゲームの世界でプラットフォームを活用した、より高度で臨場感溢れるゲームを楽しめるようになるとすれば、より世界も広がり、楽しみも増えていくことでしょう。
セキュリティが強化された端末の開発にも期待が寄せられます。