仮想通貨 である ビットコイン の根幹となる技術をブロックチェーンと呼びますが、これは ビットコイン の取引履歴が記録されているデータ群のことです。

なお、この情報はインターネット上に分散して保存されており、ねつ造やなりすましなどのハッキングがされにくい特性があります。
それではその取引情報は一体どこに保存されているのでしょうか。

 

ビットコイン の根幹技術とはどんなものか?

 

 

仮想通貨ビットコイン の仕組みを把握するためには、根幹技術の概念を知る必要があります。
ビットコイン 以外の 仮想通貨 についても、基本的な仕組みは一緒なのでまずは ビットコイン の保存方法についてフォーカスしていきます。

 

ビットコイン の根幹技術となっているのは、ブロックチェーンと呼ばれるデータです。これはブロックとしてある程度の量にまとめて数珠つなぎに保存していくという技術です。 ビットコイン のブロックチェーンはよく分散台帳に例えられます。

ブロックチェーンは一つの場所にデータをまとめて保存するのではなく、同じデータを複数のユーザーで分散して保存する仕組みになっています。各ユーザー間の接続にはP2P(ピアツーピアー)と呼ばれる通信技術が適用されており、 ビットコイン のユーザーは誰もがこのP2Pのネットワークに参加することができます。

 

ビットコイン の受け渡しが行われると、その都度取引履歴がこのブロックチェーンに記録されていきます。この時、ブロックチェーンに記録されるデータはあくまでも「誰から誰へいくら受け渡したか」という情報のみであり、だれが今いくら持っているかという情報は記録していません。ブロックチェーンには過去から現在までのすべての受け渡し情報が記録されているため、過去から追って行けば誰がいくら持っているかは必然的に分かるためです。

 

また、分散して全員で同じ記録を保存していくため、1取引ずつリアルタイムで取引を記録していくことはできません。そのため一定の時間ごとにまとめて取引を記録していくことで分散保存を実現しています。この一定量のデータをまとめたものが「ブロック」と呼ばれます。

 

なお、生成したブロック情報をブロックチェーンに追記するには高度な計算処理による数学の問題を解く必要があり、最初にその問題に正解した人が少額の ビットコイン を報酬として受け取るという仕組みがあります。

これを マイニング (発掘)と呼び、専用マシンを用意することで収入を得ることも可能ですが、電気代などのランニングコストも高く現在は十分な収益を得るためには組織的な対応が必須となっています。

 

ブロックチェーンの特性のうち特筆すべきなのは、P2Pのネットワークにはだれでも参加できるため、台帳に記録された内容を誰もが参照することができるという点です。

 

分散型データベースとの違い

記録すべき情報、すなわち取引履歴情報が分散記録されることから、以前からある分散型データベースと同じものではないかと言われる場合もあります。

しかし両者はその分散させるものや目的が異なるものです。

 

従来の分散型データベースの場合はあくまでも中央サーバーが存在し、そこに複数のクライアントとなる端末が接続される構成となっています。しかし、この分散の目的は分散保存によるデータの保全と、処理を複数のコンピュータで分散処理することで負荷を軽減することです。

一方ブロックチェーンは、管理サーバーを持たず、P2Pで接続されている端末は ノード と呼ばれ、常に対等の状態で構成されているのが特徴です。 ノード の数と処理性能は無関係であり、中央サーバーが存在しません。そのため、特定の管理者を置く必要が無く、公共性のあるデータ管理が可能となります。

 

ブロックチェーンへの保存の仕組みとは

ビットコイン の取引情報の集まりがブロックであり、これをチェーン構造に繋いでいくのがブロックチェーンでした。

では、この情報は結局どこにあるのでしょうか。

ビットコイン の取引情報はインターネット上に公開されておりP2Pで接続されている ノード 群によってに分散記録されていました。

保存したデータはこのすべての ノード にあり、互いにその情報が正しいと認め合っています。そのため情報はブロックチェーン上にあると考えることができると同時に、この ノード 一つ一つの中にもあると考えることができます。

 

まとめ

ビットコイン の根幹技術であるブロックチェーンとは、取引情報をインターネット上で相互に分散記録する技術です。

中央サーバーを持たず、データを分散記録する互いの端末( ノード )は対等の関係にあり、従来の分散型データベースとはメリットや目的が異なります。

ブロックチェーンに記録された情報は公共的に公開、監視されているため、

誰でも内容を見ることができ、改ざんが難しいという特徴があります。今後、この技術が新たな生活の仕組みを作るかもしれません。