仮想通貨 について関心のある人は少なくないことでしょう。
最近は一般のニュースでも時々耳にするようになりました。
ネット上のバーチャルな世界と現実の世界との垣根がなくなりつつあり、バーチャルな通貨を現実のお金として普通に使える時代はすぐそこまで来ています。
しかし、いざ 仮想通貨 に手を出そうとすると、いろいろと専門用語が飛び交っていて難しく感じさせられることも多いのではないでしょうか。
そんな専門用語の一つにトークンがあります。
貨幣通貨と同じような意味で使われていることも多く、混乱を招いているようです。
そこで、いったいどのような意味があるのかを解説していきます。

ポイントカードのような代替貨幣

ポイントカードの画像

 

もともとトークンという言葉は、「代替貨幣」や「商品券」という意味の英語から来ています。
仮想通貨 上でははっきりとした定義があるわけではないようですが、あえて表現すれば、ポイントカードのように特定の物やサービスと交換することができる代替貨幣のようなものと言えるでしょう。
個人や企業が誰でも簡単に発行することができるのが魅力ですが、何のために個人や企業が発行するのかといえば、通常は事業資金などを得る目的のためです。
その意味ではイメージ的には株式にとてもよく似ていると言えるかもしれません。
しかも、株式以上に短時間で多額の資金を集めることも可能で、世間を騒がせることも少なくありません。
しかし問題もあります。
それは世間にうまく流通していかないと、まるでおもちゃのお金のように価値が出ないということです。
つまり価値がなければ、せっかく購入したとしても、それを人気の 仮想通貨 のように有効に使うことができません。
これでは大損してしまいます。
そのため購入するときには、株式と同様に将来性などのファンダメンタルな要素を分析し、きちんと理解した上で選んでいくことが大切です。

仮想通貨 との違いについて

靴色の違う画像

 

では、 仮想通貨 との違いはどこにあるのでしょうか。
そもそも貨幣通貨自体が代替貨幣であり、両者を厳密に区別するのは困難で同じように扱われるケースも多いのですが、あえて両者を分けるとするなら、それは技術的な部分に違いがあると言うことができるでしょう。
通常 仮想通貨 とは、安全のためにブロックチェーンという技術を用いて発行しています。
たとえば、ETHであれば、 イーサリアム という独自のブロックチェーンを使って発行された 仮想通貨 のことであり、XEMであれば、NEMという独自のブロックチェーン技術を使って発行された 仮想通貨 のことになります。
これに対してトークンとは、独自技術を用いるのではなくすでにあった、たとえば ビットコイン などのブロックチェーンシステムを使って発行した 仮想通貨 のことを一般的に指しています。
その意味ではセキュリティの面で信頼性があり、安心して購入することができます。
さらに、すでに流通している ビットコイン などと異なり、発行者がいて中央で発行量などをコントロールしています。
ここも両者の大きな違いの一つと言えるでしょう。

仮想通貨 の2種類のタイプの違い

カレンシータイプについての概要

 仮想通貨 の画像
仮想通貨 に2種類の種類があります。
それはカレンシータイプと呼ばれるものとアセットタイプと呼ばれるものです。
前者は ビットコイン などが採用しているもので、採掘するタイプの 仮想通貨 と言います。
供給量を勝手に変更することができず、決められたプログラミングつまりコンピュータのアルゴリズムに基づいて、増えていくようになっています。
ちなみに ビットコイン の供給量は約2,000万単位を超えないように設定されています。
もし全てのコインが採掘され尽くされたなら、あとはトレードや トランザクション によってしか手に入れることができなくなります。

アセットタイプについての概要

現金が出てくる画像
これに対して後者のアセットタイプというのは、発行者がいるタイプです。
必要な資金を得るために、必要なだけトークンを発行していきます。
そのため株式と似ていると言われるわけですが、一瞬にして数十億円の資金を手に入れたという事例も少なくありません。
このようなケースでは購入者たちが投資したいと思わせるように、夢のあるビジョンや確実に利益を生み出す実行可能な計画を提示することが重要です。

まとめ

仮想通貨 の専門用語の一つであるトークンとは、 ビットコイン などの既存のブロックチェーンを使って発行されたコインのことです。
物やサービスと交換することができる代替貨幣のようなものと理解することができます。
個人や企業が事業資金などを得るために自由に発行することができる点で、株式よりも手軽なのが魅力です。
しかし、事業計画や将来性をきちんと提示しないと、買い手が現れない場合やコインの価値が上がらないというリスクがあります。
また、採掘タイプとは異なり、発行者がいて中央で発行量をコントロールすることができるという特徴もあります。
ただ膨大な量を発行しても価値が下がるだけなので、慎重に発行量を決める必要があります。