ブロックチェーンには様々な種類があります。
採用するなら、それらがどういうものでどういった違いがあるのかを把握する必要があります。
それらの特徴やメリット、デメリットを把握することで、どういった場面で活用できるのか、必要なのはどれなのかがわかります。
ここでは、プライベートチェーンとパブリックチェーンという2種類のブロックチェーンがどのようなものなのか、それぞれの違いについてご紹介します。

 

不特定多数が協力してブロックチェーンを管理するパブリックチェーン

 

 

取引の承認作業に誰でも参加可能

ブロックチェーンにおいて、新しいブロックをチェーンに加えるには管理者による承認がいるのですが、
パブリックチェーンでは、不特定多数の誰もがこの管理者になることができます。
よって承認作業はそのブロックチェーンに参加している有志の人たちによって成り立っており、不特定多数の承認があって初めてデータの正当性が認められるのです。
ブロックが生成されるたびに、すべての管理者によってデータの検証が行われるため、透明性と検閲性が高いシステムだと言えます。このように、不特定多数の管理者がデータの承認を行うタイプのものをパブリックチェーンと言います。

 

パブリックチェーンのメリット

何といっても最大のメリットは、中央集権的存在がいないということです。
誰でも参加したいと思えば、管理者になり、データの承認作業に加わることができます。
もし、悪意ある存在が不正を行おうとしても、取引には不特定多数の参加者全ての承認が必要になるため改ざんはほぼ不可能だと言われています。
もともと銀行や政府などの中央集権を介さない 仮想通貨 のために考えられたシステムなので、代表して管理する企業や団体がいなくても安心して取引が行えるようになっているのです。
また、こういったオープン型は処理が分散的に行われるため管理者が一人でも存在する限りダウンタイムがありません。
システムが停止することがないので、いつでも安定した運営が可能になっています

 

パブリックチェーンのデメリット

データ一つに多数の承認が必要になってしまうため、取引を完了するのに時間がかかってしまうという問題があります。
主流となっている Proof of Work と呼ばれる承認方法の場合、高い計算能力と膨大な電力が必要になり、場合によっては参加してくれた管理者に対し支払われる報酬よりもコストが高くついてしまう可能性があります。
万が一仕様変更をしたい場合には、すべての意見が一致しないと変更できないため、事実上不可能と考えられています。
また、管理者の数が0になってしまい、運用が止まってしまうという可能性もあります。

 

特定の認められた団体や組織が管理するプライベートチェーン

 

取引の承認作業を中央管理者が行う

プライベートチェーンにおいて、すべての取引の承認は権限を与えられた特定の管理者のみが行っています。
管理者は必要に応じて情報の公開範囲や閲覧できる内容を制限することが可能です。
この方式は金融機関や企業のプロジェクトで活用されており、不特定多数の管理者を用意するパブリックチェーンと違い、信頼できる管理者のみが承認を行うため、不正が行われづらいという特徴があります。

 

プライベートチェーンのメリット

取引の承認は信頼できる特定の ノード のみで行われるため、不特定多数の ノード を用いるのに比べて数が少なく、承認作業がスムーズに行えます。
承認までの時間が少なくて済み、手数料も低くしやすくなります。
また、管理者が限定されるため、必要に応じてブロックチェーン上のデータの閲覧に制限をかける等して、データに機密性をもたせることもできます。
管理者の数が0になってしまう心配もなく、管理者の詳細がはっきりしているため、51%攻撃のリスクもありません。
仕様変更なども管理者となっている団体間で承認が降りれば可能になるため、従来の中央集権的システムに近い運用が可能になります。

 

プライベートチェーンのデメリット

取引の正当性など、すべては中央管理者を信頼して任せることで成り立っています。
そのため管理者団体次第で、データの改ざんや都合のよい運用ができる可能性があります。
たとえデータの改ざん等をしていなくても、必要に応じてデータに機密性をもたせることができるため不正を隠してしまう可能性もあります。
そのような点でブロックチェーン本来のメリットが失われているとも考えられ、従来の分散型データベースとあまり変わらないとも言われています。

 

まとめ

パブリックチェーンとプライベートチェーンは、管理者の対象の違いによって大きく特性が異なることがおわかりいただけたでしょうか?
このような特性をどう活かしていくかによって、本文内において説明したメリットを享受できるかどうかも変わってきます。
インターネット以来の発明だと言われるブロックチェーンは、今後の様々な分野への活用が期待されます。
時代に乗り遅れないために、様々なブロックチェーンのメリットとデメリットを理解して活用していくことが必要です。