仮想通貨 の専門用語の一つに スマートコントラクト がありますが、ご存知でしょうか。

取引量第二位である 仮想通貨 イーサリアム の最大の特徴として、使われています。

様々な作業を自動化する画期的なシステムとして大きな可能性を秘めています。
またブロックチェーンと組み合わせることで安全性が増し、よりスムーズに売買取引ができるようになります。
そこで今回は、初心者でもわかりやすいように詳しく解説していきます。

 

スマートコントラクト 基本概要とその仕組みについて

基本的な概要について

そもそも スマートコントラクト (smart contract)とは、その名の通りスマート(賢い)なコントラクト(契約)という意味の言葉です。
仮想通貨 における契約というのは、書類上の契約のことではなく取引行動全般のことを指しますが、条件確認から履行までプログラムに基づいて自動的に行うことができるプロトコルのことを言います。
これが提唱されたのは実は ビットコイン よりも古く、1994年に法学者であり暗号学者でもあるNick Szabo氏によって最初に提唱されました。

 

自動販売機で考えるその仕組み

そもそも スマートコントラクト とは、「契約定義」「イベント発生」「価値の交換・契約執行」「決済」の4つからできています。
この中で、最初の契約の事前定義だけは管理者が入力しますが、その後のイベント発生から価値の交換と契約執行、そして最終決済までの一連の流れをすべてプログラムに従って自動で行うことができます。
この仕組みをわかりやすく説明するために、しばしば自動販売機の仕組みが例に例えられます。
自動販売機は人間同士の間で売買契約の合意があるわけではありませんが、初めからお金を入れてボタンを押すと商品が出てくるという契約の定義があり、その定義に同意した人が実際にお金を入れてボタンを押すと商品が出てきて、お金が自動販売機のものになるわけですが、このような一連の動作を 仮想通貨 の取引において自動で行わせることができるのが スマートコントラクト というわけです。

 

ブロックチェーンを使う理由は?

たとえばブロックチェーンと組み合わせることで、さらに可能性が広がり、様々なメリットが生まれます。
一例を挙げると、まず契約を改ざんすることができなくなります
そのため 仮想通貨 の取引を行う際に、改ざんされていないことが保証されている安心感があり、人を介していなくてもネット上で安心かつ確実に売買契約を執行することができるようになります。
また、契約の実行履歴が常に公開及び記録されるので、売買取引の透明性が高くなるというのも安心感に繋がります。

 

スマートコントラクト のメリットとデメリットについて

 

メリット

スマートコントラクト を導入することには数多くのメリットがあります。
なによりもまず、取引のプロセスが自動化されるために、人間が行うのに比べると圧倒的に取引がスムーズかつ迅速になることです。
それによりたとえば決済期間を大幅に短縮させることができるようになります。
また、自動化によるメリットは人間による不正防止にも役立つことや、仲介者を介さないために人件費を削減することができるというメリットも生み出すことが期待できます。
さらにブロックチェーンと組み合わせることによって、より一層契約が改ざんされないことが保証されるため安心感が増します。

 

デメリット

しかしプログラムを実行するという性質上、デメリットがないわけではありません。
たとえば、曖昧な内容のものや解釈が必要になってくるような免責条項などについては、それを確実に定義することが難しいため、従来の契約をそのまま代替することができるわけではないということがあります。
また契約を結んでから事情変更したくても、それに対応することが難しいという点も指摘されています。
さらに注意が必要なのは、バグや脆弱性の問題です。
もしバグや脆弱性があった場合、不正な処理が実行されてしまいブロックチェーンにも間違った情報が書き込まれてしまう可能性があります。
そしてその脆弱性に付け込んだハッカーによる攻撃対象となる可能性も考えられます。
このようなリスクが存在しているということは理解しておく必要があるでしょう。
このようなリスクを少しでも回避するために、プラットフォームやサービスの特性に合わせて、ある程度の自由度と安全性のバランスを考えておくことが大切です。

 

 

まとめ

スマートコントラクト を一言で言うなら、 仮想通貨 の取引を自動で行うことができるとても便利で優れたプログラムであることです。
自動化のメリットは迅速かつスムーズに契約を実行することができることや、不正を防止する効果が高いことなど、いろいろ挙げることができます。
ブロックチェーンよりも古くからある考え方ですが、一緒に組み合わせることにより新しい注目技術が発明される面白い例です。
今後その特性を活かしてさらにどのようなサービスが生まれるか、期待が高まります。