Walmartはブロックチェーン技術で3件の特許を出願し、取得しました。

特許の1つは、暗号違反によって電気代を管理できるようにするシステムで、パブリックブロックチェーンで運営されるシステムを対象としています。

 

「現在、エネルギー供給者はエネルギーを非効率に供給し、消費者のエネルギーコストを増大させている」とWalmartの特許出願は述べています。

2つ目の特許は、患者のデータをブロックチェーン上にに格納することです。出願書では、「患者の緊急事態で医療記録にアクセスすることができるものである。ただプライバシーに関する問題のために、緊急専用の医療データだけがブロックチェーンに置かれるものである。」と記載されています。

RFIDやバイオメトリックスキャナと組み合わせることで医療データへのアクセスを提供するデバイス(例えばブレスレット)を身に着けるという考えの下のことです。

 

3つ目の特許では、ユーザーが実空間または仮想空間へのアクセスを安全に制御、または制限するのを助けるシステムを指しています。システムはブロックチェーンに格納されたパスコードを使用します。

Walmartはまた、ベンダー支払いとデジタルショッピングのためのブロックチェーン技術を搭載したプラットフォームの2つの特許出願を起草したと伝えています。顧客がアプリケーションを通じて自身の支払い履歴にアクセスできるようにしたいとの考えですが、第三者に同じ種類のアクセス権を与えることを望んでいないことを、問題としています。

 

参照元