南インドのケララ州政府は、食品供給と流通にブロックチェーンを使用すると、地元のニュース・アウトレットのビジネス・スタンダードが6月17日に報じました。

 

この新しいプロジェクトはKeraldが開発とイノベーション戦略会議(K-DISC)のシンクタンクを率いており、ブロックチェーンとIoT(Internet of Things)技術を利用して乳製品、野菜、そして魚の供給ネットワークを構築しようとしています。

K-DISCの会長、アブラハムKMは、供給ネットワークの各コンポーネントが、その発信元、生産、品質、および流通をブロックチェーン上で監視することができる個別のID番号を持つことをビジネス・スタンダードに伝えました。

また、同州は作物保険制度にブロックチェーンを使用すると伝えられ、作物の損失に苦しんでいる農家に対する保険会社の不正行為防止と効率的な処理を確実にすると見られています。

 

 

参照元