ブロックチェーン技術は、デジタル経済と第4の産業革命を構築する上で重要な役割を果たします。

ベトナム電子商取引協会(VECOM)は、2014年にハノイベトナム・ブロックチェーン・サミットを開催しました

VECITA(ベトナム電子商取引IT庁)ディレクターのDang Hoang Hai氏は、「ブロックチェーンは安全性を確保し、データ修正を効果的に防止する一連の情報ブロックである」と語っています。

ブロックチェーン技術は、さまざまな分野に適用することが可能です。

例えば、物流やトレーサビリティのようなベトナムの弱い分野を改善するのに役立ちます。

また、電子政府の実装を効果的にサポートすることも可能であると言われています。

 

アナリストによると、世界のブロックチェーン技術市場は、2015年に200億ドルの価値を持つのに対し、2024年には70倍に増加すると予測されています。

ベトナムでは、企業がViettel、Napas、TMA Solutionsなどのブロックチェーン研究グループやパイロットプロジェクトを展開し始めています。

専門家はまた、首相が、バーチャル資産、電子マネー、バーチャルマネーの管理と処理のための法的枠組みを完成させるという計画を承認する決定を下したと述べています。

決定の目的の1つはポリシーであり、立法案が創造的活動と創業活動に影響を与えてはならず、情報技術と電子商取引の進行中の発展の変化に沿った柔軟性を確保するべきであるとのことです。

 

参照元