IRSの文書

 アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)の文書によると、IRSは新しい税法を実施するために、コンピュータシステムの更新に2億9000万ドルを費やす予定です。

これらの情報技術コストやその他のバックオフィス業務は、議会がIRSに実施するための資金の90%以上を消費することになります。

IRSの予算は次年度に114億ドルと見積もられています。

 

IRSの場合、税法と新技術の変更に対応するための費用は膨大になる可能性があります。

インターネットは、税務申告書提出、データ分析、情報交換など、多くのサービスのコストを削減するなど、IRSにとって多くのポジティブな変化をもたらしました。

しかし、ブロックチェーンで再び新しい技術革命が起こっているようです

 

 

ブロックチェーンとIRSの関係性

ブロックチェーンとそのデジタル台帳プラットフォームは、IRSによってデータが分析、交換、保存される方法に革命を起こす可能性があります。

ブロックチェーンは、IRSがコストを削減し、セキュリティを強化し、納税者の​​データにアクセスしてレビューするスピードを向上させるのに役立ちます。

 

IRSによるプライベートブロックチェーンプラットフォームの実装は、スピード、セキュリティ、およびコストの観点から変わる可能性があります。

金融サービス業界が言及しているように、プライベートブロックチェーンまたは分散型元帳技術は、IRSをより費用効果的かつ効率的にすることができます。

納税申告データは非常にプライベートなものです。

ビットコイン などのパブリックブロックチェーンモデルは、誰もがアクセスして相互作用できるため、IRSには適していない可能性があります。

 

一方、プライベートブロックチェーンモデルでは、IRSと他の許可された当事者のみがブロックチェーンデータを閲覧できます

プライベートブロックチェーンモデルを使用すると、取引は個人的に、または認定された第三者検証機関によって検証され、金銭的報酬と大量の電力の必要性がある匿名のマイナーの必要性が排除されます。

たとえば、銀行や金融機関が資金をIRAに移転すると、その取引はブロックチェーン上で当事者によって検証され、IRSがデータに即座にアクセスできるように報告することができます。

 

IRSの今後

IRSによると、同じ技術をほとんどすべての関連取引に使用することができ、IRSによれば、年間10億ドル以上になるとのことです。

同様に、デジタル台帳プラットフォームは、IRSまたは他の政府監督当局が個人または企業をリアルタイムで監査し、財務または税務申告関連データに即座にアクセスできるようにすることができます。

 

さらに、プライベートブロックチェーンプラットフォームを使用することで、IRSは暗号化のために納税者の個人情報の盗難に対してより多くのセキュリティを提供します。

スマートコントラクト 技術は、IRSが納税者との和解契約を管理し、実施するのに役立ちます。

私たちは、IRSなどの政府機関を含むすべての業界で、ブロックチェーン革命の潜在的な影響に目を向け始めました。

 

次回、議会はIRSの予算を策定していますが、技術関連投資をより効果的にすることができる施策を検討することがよいでしょう。

 

参照元