デンマークの大臣は、この動きにより、デンマークは船舶登録にブロックチェーン技術を使用する世界初の国となると述べています。

デンマークのニュースサイトFinansWatchは、デンマークの産業財務大臣、Brian Mikkelsenが、22のヨーロッパ諸国とのブロックチェーン開発に関する提携を誓約したと発表しました。

ロジスティクス管理は、ブロックチェーンの最も有望なアプリケーションの1つです。また、Mikkelsenによると、デンマークは船舶登録の管理技術を利用する世界で最初の国となる予定です。

デンマークはすでにブロックチェーン技術の可能性を模索しています。世界初の国として、我々はデンマークの登録簿に船舶を登録するためにブロックチェーン技術を使用します」とMikkelsenはプレスリリースで述べています。

「ブロックチェーンは国境を駆け抜き、共通したヨーロッパ内での協力は、将来を見据えた基準やソリューションに不可欠です。私は今、宣言に署名したことを非常に喜んでいます」と彼は付け加えました。

昨年以来、デンマークは技術をその事業のいくつかの側面に統合するために努力を続けてきました。 12月、外務省は、「Hack the Future of Development Aid」と題した開発協力と人道援助のためのブロックチェーンの調査を開始しました。

欧州委員会は3月に、地域における金融サービスの革新のためのブロックチェーン技術を含む「Action Plan」を発表しました。Action Planは、欧州委員会によると、EUがブロックチェーンテクノロジーを利用したフィンテックの世界的なハブとなり、他の新興技術を活用するのに役立つといいます。

「欧州はFinTechにとってグローバルな拠点となるべきであり、EUの企業と投資家は、この急速な動きの中で単一市場が提供する優位性をほとんど実現できます。欧州委員会は、最初の主要成果物として、クラウドファンディングのプラットフォームをEUの単一市場で成長させるための新たなルールを策定しています。」 さらに「今日のAction Planは、金融部門がブロックチェーン、人工知能、クラウドサービスなどの新技術の急速な進歩を利用できるようにすることを目指している」と語りました。

このイニシアティブにはEU Fintech Laboratoryの設立、およびEU Blockchain Observatory and Forumを活用して、経済のあらゆる分野でブロックチェーン技術を使用する戦略も含まれています。

 

参照元