今週の初めに、おそらく最も侵襲的なハッキングと全期間のプライバシーの侵害がありました。MyHeritageは、DNA検査サービスを利用した9200万人の顧客データが盗まれたと発表しました。深刻なデータ盗難の経路は多様です。スマートホーム、IoTデバイス、パーソナルデバイス、特に携帯電話、あらゆるデジタルおよび電子デバイスは脆弱と言わざるを得ません。

特に脆弱と言われているのは、衰弱していくであろう電子メール、メッセージングとソーシャルメディアネットワークに置き換えられる「古い」技術です。

しかし、老朽化した技術は、不完全ではありません。パロアルトに本拠を置くテクノロジー・リサーチ会社The Radicati Groupによると、2017年には、1日に送受信されるビジネス・電子メールの総数は2億990億バレルでした。

Radicatiaによると、この数値は今後4年間で平均4.4%の成長率を続け、2021年末までに3,196億に達すると予測されています。つまり、まだまだ成長し続けるということです。

上記から導きだされる結論とは、電子メールの安全性を確保する必要があるということです。Gmailの2段認証が確実に役立ちますが、電子メールユーザーがより深いセキュリティを採用する必要があります。

当然のことながら、ブロックチェーンはすべてのインターネット問題を解決する可能性のある流行語ですが、「世界で初めてブロックチェーンに基づく郵便サービス」と呼ばれるEnvilopeの最近の参入は、電子メールのセキュリティにとって重要な要素となる可能性があります。

 

 

参照元