海洋産業開発者アブダビ港の完全子会社であるMaqta Gatewayは、国際物流および貿易向けの独自のブロックチェーンソリューションを開発し、展開しています。

エミレーツ通信社の報道によると、アラビア語で「チェーン」を意味する「Silsai」と呼ばれるブロックチェーンソリューションは、アブダビで最初のプラットフォームです。このプラットフォームは貨物とペーパーレス文書のリアルタイム追跡を可能にし、時間を節約、さらに分散型の国際貿易の全体的な効率を高めます。

ブロックチェーン技術が輸送費の20%を節約し、世界貿易で最大1兆ドルのコストを削減する可能性があると世界経済フォーラム(WEF)は推定しています。

“ブロックチェーンは貿易のデジタル化の重要なステップです”とMaqta GatewayのCEO Noura Al Dhaheri博士は述べ、さらにこのように続けています。

Silsalでは、リアルタイムトラックとトレースによるコストと時間の節約、ペーパーワークの削減、ライブ更新を受信する重要な情報の抽出など、コストと時間の節約を実現するために、ビジネスコミュニティの安全性と統合性を提供します。

プラットフォームは、船荷証券、予約、配送、輸送オーダーなどの重要な輸送文書を暗号化して安全に保護することもできます。

Mqta GatewayのDigital Innovation Labが開発したブロックチェーンは、ローンチ前にAbu Dabiポートの戦略顧客を対象にテストされ、運送業者と顧客に商業的な展開をしていく予定です。その後、この技術は、現在のMaqta’s Port Community Systemと並行して 「補完ツール」 として、他の貿易コミュニティに提供される予定であり、導入が急速に進んでいます。

参照元