米国の監査およびコンサルティング会社Deloitte が発行した新しいレポートでは、ブロックチェーン技術が小売および消費者向けパッケージ商品(CPG)業界にとって重要な資産になっていくという見解を示しています。

このレポートでは、50以上の潜在的ブロックチェーン使用事例が分析され、新技術の「潜在的な影響」が「巨大」であることが示唆されています。

 

同社が発表したレポート「New Tech On The Block」によれば、ブロックチェーンは、金融業界、製造業界、消費者業界の標準的な運用技術になると報告されています。

同レポートは、市場調査会社のGartnerの報告として、ブロックチェーンの事業価値は2025年に176億ドルに増加し、2030年には3.1兆ドルを超えることについて記載しています

Deloitteは、小売およびCPGのサプライチェーンに焦点を当て、トレーサビリティ、コンプライアンス、ステークホルダーマネジメント、柔軟性という主要な痛点を解決できると主張しています。

 

同報告書は、監査可能で不変で仲介されたシステムとして、 スマートコントラクト の操作性を保ちつつ、ブロックチェーンがこれらの領域に効果的に対処できることを示唆しています。

 

 

参照元