第一副総裁、ロシア中央銀行Olga Skorobogatovaは「ブロックチェーン技術はいまだ十分な成熟をしていない」と述べています。

 

5月26日に開催されたサンクトペテルブルク国際経済フォーラムでの議論の中で、Skorobogatovaによると、 ビットコイン のような暗号化のための使用を除いて、工業的規模という観点においてはまだ考慮する余地がある。と述べています。

 

Skorobogatovaは、「技術のための技術は無意味だ」と述べ、2018年はロシアと国際社会において、ブロックチェーンが「実用的な理解をされる年になるだろう」と述べ、その後に移行する産業規模の実現に取り組むということを表明しています。

 

Skorobogatovaは以前、ブロックチェーンについて「確実に投資する必要がある、革新的な技術」として述べています。その一方でリスクを理解し、それらをどのように管理することが主流金融セクターのために不可欠であると考えています。

 

昨年6月の彼女の見積もりによると、完全に統制された統合には「7〜10年」が必要と試算していることからも、慎重になっていると考えることができます。

今後の国としての技術利用やそれに関するニュースは注目ですね。

 

参照元