米国の投資家、ティム・ドレーパーは、オーストリアのウィーンで開催されたGovTech Pioneersカンファレンスで、ブロックチェーンに基づくデジタル政府のビジョンを基調講演で発表しました。

 

ドレーパーは、 スマートコントラクト を人工知能と組み合わせて利用するブロックチェーン技術が、州の役割と責任を大いに変える未来を概説しました。

ビットコインスマートコントラクト と人工知能のブロックチェーンを組み合わせれば、完璧な官僚制を作り出すことができる」と、語りました。

 

ドレイパーは、医療の事例を用いて将来のビジョンを説明しました。

ドレーパー氏によると、「市民は、X線、DNA分析、血液検査などの関連する健康データをすべてブロックチェーンに保存することができ、自動システムで人工知能で継続的に解析し、個人に勧告や警告を送ることができる」と述べています。

 

「保険、ヘルスケア、不動産業界はひどく貧しいサービスを提供しているにも関わらず、多額のお金を必要とします。」

 

そのことは政府にとって、長年の懸念事項でした。
政府は最近、米国カリフォルニア州を3つに分け、管理しやすくすることを提案しました。

ドレーパー氏は、4月中旬のCointelegraphのインタビューで、同州におけるIT業界の過度の規制を認識していたことを批判しました。

 

ドレーパー氏によると、「天気が最高で、友人がいたとしても、カリフォルニアに滞在するビジネスのインセンティブはほとんどない。」と語っています。

 

ドレーパー氏は、4月末にニューヨークで開催されたインテリジェンススクエア化の議論で明らかにしたように、暗号化通信とブロックチェーンテクノロジーは大きな可能性を秘めています。

暗号評論家との議論では、 ビットコイン とその背後にある技術の規模と重要性が、鉄器時代、ルネッサンス、産業革命などの主要技術時代を上回っているとドレイパー氏は述べています。

 

参照元