マルタ政府とOmnitude

マルタ政府は、ミドルウェアプラットフォーム企業Omnitude と提携することで、同国の公共交通システムに採用されているテクノロジーを目にする別のブロックチェーンイニシアチブを推進しています。

 

マルタの交通、インフラ、および資本プロジェクトの木曜日に発表されたプレスリリースによると、イスタン・ボルグ大臣は、「ブロックチェーン技術は、政府間でさまざまなセクターを変革させる技術戦略の重要な要素である」と述べています。

これは、マルタにおけるブロックチェーン関連の出来事の最新記事です。

マルタはこの分野での地位を確立しており、最近では分散型元帳技術の立法的な枠組みを国家ブロックチェーン戦略の一環として開発するために、積極的な取り組みを発表しました。

 

Omnitudeとのパートナーシップ(同社は5月31日にトークンの販売を終了する)は、輸送と物流のプラットフォームを開発するマルタ政府の戦略の1つとなっています。

コスト削減と効率化を実現するために、政府は最初に輸送信頼性の全体的な改善を開発するためにOmnitudeと協力する予定です。

 

大臣とCEOの発言

ボルグ氏はこのように述べています。

「Omnitudeのブロックチェーン技術と政府の幅広い利用事例を信じている。我々は様々な政府部門でその可能性を見出すことができ、将来のイノベーションを推進するというコミットメントの一環として、基盤技術プラットフォームを形成するでしょう。マルタ市民の生活の質を向上させ、情報へのアクセスを向上させます。ブロックチェーン技術は、私たちがさまざまなセクターを変革するために必要な国家技術戦略の重要なパーツなのです。」

 

OmnitudeのCEOで創設者であるChris Painterはこのように述べています。

「世界中の政府は、ブロックチェーンがコストを削減し、サービスを合理化する可能性を見出し始めています。マルタは非常に先進的であり、このパートナーシップがもたらす可能性にとてもわくわくしています。ミドルウェア技術として、Omnitudeの潜在的ユースケースは膨大です。Omnitudeの幅広いブロックチェーンエコシステムの機能を探るため、マルタ政府と協力したいと考えています。」

 

Omnitudeは最近、Formula 1の技術パートナーとして発表され、Williams Martini Racingとチームを組んでいます。

ブロックチェーンが高度なエンジニアリングプロジェクトにもたらすメリットを評価していると言えるでしょう。

 

参照元