小売大手ウォルマートの新しい特許申請書は、ブロックチェーンをどのように利用して消費者向けのデジタル製品を増やすことができるかを示しています。

先週の木曜日に米国特許商標庁によって公開されたこの文書は、特定の顧客に販売する商品を追跡するブロックチェーン元帳の概要を述べたものです。

 

これはウォルマートの知的財産の最新の例です。ウォルマートは多数の関連アプリケーションを提出しており、食品を追跡するための技術を試行しています。

提案されたシステムは、顧客が最初に購入した後にアイテムを登録することを可能にしています。

顧客は、アプリケーションに応じて、システム自体が本質的にデジタルマーケットプレイスとして機能するように、再販価格を選択することができるのです。

 

注目すべき点は、過去の特許出願に記載されている別のユースケース です。 配信追跡の詳細からアプリケーションが動作しているように見えるということです。

ウォルマートの最新のアプリケーションは、製品が売り手から宅配業者、買い手に移動し、各ステップを示す新しい取引で「配信記録ブロックチェーン」がどのように更新されるかを説明しています。

 

同社は以下のように述べています。

1つのアプローチでは、売り手から宅配業者への転送は、それぞれの秘密鍵を使用して、送付者と宅配業者の両方からの署名を必要とする場合がある。パッケージが宅配業者からバイヤーに転送されるとき、宅配業者は宅配業者の秘密鍵を使用して、宅配業者からの物理的資産を表すデジタル資産の移転を認可することができる新しい取引で配送記録を更新する。」

このようなユースケースを実際に追求しているウォルマートの考えはそれほどのものではありません。

昨年9月、小売業者は、カリフォルニア州に限られた限られた顧客グループを対象に自動配送ソリューションをテストしています。

 

参照元