セントリカの期待

セントリカは、ブロックチェーンがイギリスにおける生産量の最大10%に及ぶ再生可能エネルギー削減を抑制することを期待しています。

大量の廃棄物が発生するところで、プロスメーターが地元で生産されたエネルギーを売買するのを助けるパイロットを計画中です。

 

LO3 Energyと提携

また先月には、LO3 Energyとの提携を発表しました。

プレスリリースによると、ブロックチェーン技術が消費者のエネルギーを売買する方法に革命を起こす可能性を探るためと発表しています。

 

ニューヨークに本拠地を置くLO3は、Centrica Innovationsから昨年10月に非公開資金を受け取りました。

LO3はExergyブロックチェーンのP2Pエネルギー取引プラットフォームを公開しています。

このプラットフォームはSouthwest EnglandのCornwallにある100軒の家庭と100の事業所でブルックリンで最初にテストされたものです。

 

今後の展望

このパイロットは、英国最大のブロックチェーンエネルギー取引イニシアチブと考えられています。

これは、Local Energy Marketと呼ばれる1900万ポンド(2,600万米ドル)のプログラムの一部である4つのプロジェクトの1つです。

 

住宅所有者、事業者、再生可能資源生産者、ネットワーク所有者がエネルギーを売買することを可能にすることを目的としており、バッテリー、監視装置、ソーラーパネル、ブロックチェーンベースの取引用のスマートメーターなどのボランティア技術を提供することを目的としています。

 

セントリカの米国子会社であるDirect Energyは、地方エネルギー市場のパイロットとは別に、テキサス州の商業および産業界の顧客のマイクロエネルギーヘッジを調査するブロックチェーンプロジェクトでLO3と協力しています。
セントリカは、2020までに分散型エネルギー・電力事業に7億ポンドを投資する予定です。

 

参照元