アクセンチュア社の動き

コンサルティングファームとして世界的に知られるアクセンチュア社は、ブロックチェーンの技術によって、大幅なコストカットを狙っているようです。

そこで長期的には顧客やパートナーに数十億ドルのコストカットが見込まれています。

顧客としては、最先端のITソリューションによって補完される海上運送会社の大手APLとバドワイザーとコロナを含むブランドポートフォリオを持つビール業界の大手Anheuser-Busch InBevが含まれています。

 

また、重要な役割を果たすのはKuehne + Nagelグループで、海上輸送、航空貨物、契約物流、陸上事業にITロジスティクスソリューションを提供しています。

輸送文書の流れを大幅に高速化し、出荷プロセスを合理化し、顧客のリスクを減らし、防弾遵守の仕組みを構築し、煩わしいデータ入力を80分の1に削減するブロックチェーンベースのソリューションを確立しました。

 IOTの深い専門知識とコンサルティング力を活かして、12回ものテストが成功し、物理的な出荷文書の必要性はなくなってきています。

 

ブロックチェ―ン技術の活用

アクセンチュア社のFreight&Logistics業界の幹部であるAdriana Diener-Veinott氏は、「当社の試験は、多くの文書を安全に、分散したデータ共有を活用し、置き換えることができます。

つまり、出荷プロセスの実績を証明出来るということです。

これにより、企業は時間とお金を節約し、顧客へのサービスを改善する時間を確保できます。

 

AB InBevの国際物流担当副社長Danilo Figueiredo氏は、クライアントの視点から、

「ブロックチェーン技術は、私たちのビジネスと世界に変革をもたらします。ミスを減らし、情報をデジタル化し、サプライチェーンのプロセスを改善することで、最高のビールを醸造する当社の中核事業に集中することができる。」と述べています。

 

まとめ

物流業界の今後のさらなるブロックチェーン技術の転用は必見ですね。

 

 

参照元