blockchain-for-votingのスタートアップ、Horizon Stateの共同創設者であるJamie Skellaによると、民主政治はブロックチェーンが基盤となることが運命づけられていると述べています。

 

 

Horizo​​n Stateは、企業の株主空間、ボランティア部門、または選挙プロセスにかかわらず、暗号化 トランザクション の特性を使用して、遠隔参加を可能にし、潜在コストを削減します。

「それは分散システムに基づいており、不変で不可逆的であり、責任と透明性を提供できる。つまり最終的には前例のないレベルの信頼を提供できるということである」とSkella氏は述べています。

 

 

つまり、投票の改ざんは不可能になり、選挙は修正不能になることが予測されます。

 

Skella氏によると、

「この種の技術の使用拒否は、最終的には腐敗の宣言になるでしょう。政治家、政党、政府など、結果の安全性を改善したくない理由はありません。遠隔参加の機会は大変重要です。民主的に安定した国では、投票所に行くときに安全性を考える傾向はありませんが、これは多くの発展途上国で改善されるべき問題となっています。」と述べています。

 

Skella氏は「ブロックチェーン技術を使用することで効率を10倍向上させることができ、コストをさらに削減した」と述べています。

デジタル投票者の表現への移行は段階的になると述べていますが、インターネットと同じようにブロックチェーンは5〜10年後には日常生活の一部になります。

 

最後にSkella氏はこう語りました。

起業家が今、十分な仕事をしていれば、人々は知らず知らずのうちにブロックチェーンを使用するようになるでしょう。民衆はブロックチェーンを「より良いもの」と見なすでしょう。それがまさに私たちが目指しているものなのです。

 

参照元