PwCとVeChainの共同調査によれば、物流、政府および医療サービスは、中国におけるブロックチェーン技術の適応可能性を最大限に活用していると報告しています。

当局は現状デジタル地方分権化技術を利用することにオープンです。

そして、調査回答者の半数以上が、新技術がビジネスに大きな影響を及ぼすと答えています。

 

11月から12月にかけて実施されたこの調査は、非金融分野への技術の転用に重点を置いて行われました。

約130社の企業がオンラインで調査され、40社が対面インタビューを受けています。両社の半数は1億米ドル以上の収益を上げていることが分かりました。

 

様々な方面で活用されつつあるブロックチェーン

上海のPwC中国パートナーであるCheung Chun Yin氏はこう述べています。

「ブロックチェーンは変革の可能性を秘めており、その実装は企業のビジネスモデルに影響を与える可能性があります。ロジスティクスは、原産地を追跡し、輸送および保管データを追跡するのに役立つため、ブロックチェーンテクノロジーを最も活用する傾向がある業界と見なされています。」

 

また、ブロックチェーン会社VeChainのCEO、Sunny Luはこのように述べています。

「ブロックチェーンの改ざん防止と分散型データストレージ機能により、特にロジスティクスとサプライチェーン管理のトレーサビリティと透明性を向上させることができます。これらの特性は、商取引や貿易関係の最適化に活用される予定です。」

 

医学およびヘルスケアサービスでは、個人、診断、処方箋情報の真正性を確認する厳しい要求のために、ブロックチェーンが幅広く利用されつつあるようです。

 

ブロックチェーン技術の適用は、経営陣の受け入れと規制方針に左右される

Cheung氏によると、「より多くの企業は、堅実で包括的な産業政策によって支持されれば、この技術の使用を開始する可能性がある」と述べています。

 

本土のいくつかの政府機関はすでにブロックチェーンを活用することに関心を示しています。

例えば、医療およびヘルスケアサービスでは、個人、診断および処方箋情報の真偽を正しく判断する際に、ブロックチェーンからの活用が見込まれます。
さらに、国家監査室のデータインフラストラクチャ、および産業情報省は、国家ブロックチェーンの標準化委員会を立ち上げる予定です。

 

浙江省の首都である杭州は、4月に中国のブロックチェーン事業に投資する100億元のファンドに30億元(4億7100万米ドル)を投資すると発表しました。

そして、2016年、Li Keqiang首相は、この技術が、2020年までの5年間で国の発展のためのロードマップである第13次5カ年計画に書かれたと発表しています。

 

 

引用元