BotChainとは?

Ethereum上に構築された新しいブロックチェーンは、ボットを登録および識別。

企業により監査機能を組み込まれたボットが共同作業する方法を提供するよう設計されています。

 

BotChainは、「ボット開発者、企業、ソフトウェア企業、システムインテグレータに、AIによって強化された何百万ものボットと何十億という トランザクション を検証、認証、管理するための重要なシステム、標準、手段を提供するもの」です。

 

同社は、ケンブリッジのボット・スタートアップであるTallaのチームによって作成されました。

これをより大きなパートナーコミュニティに広げて拡大することを目標としています。

 

初期のパートナーには、開発者向けのプラットフォームであるGupshupと、Polly、CareerLark、Disco(以前のGrowbot)、Zoom.ai、Botkeeperと一緒になったB2Bエンタープライズボット開発者が含まれています。

 

BotChainは誰が作った?

BotChainは、TallaのCEOであるRob Mayが作ったプロトタイプです。

彼は以前、Backupefの共同創設者兼CEOであり、2014年にDattoに売却されました。

ボットの使用が増加するにつれ、ボットを使って情報を交換し、最終的にはデジタル通貨への企業の対応を支援するシステムが必要でした。

完全なデジタル・コンテキスト上での トランザクション ということです。

 

Mayは、ブロックチェーンが不変で改ざんできない記録であるため、この信頼メカニズムを構築する最良のソリューションだと考えています。

ブロックチェーン上の実体が互いに作業することに同意し、他のメンバーがそれを許可する場合、それ固有の信頼の要素が存在するはずです。

 

同氏は、分散化され、ブロックチェーン上のデータを単一の企業で管理することができないようにし、チェーンに書き込まれたレコードを消去しません。

また、ボットが公式に互いを識別し、参加企業がボット間の トランザクション を追跡する方法も提供します。

 

BotChainの今後

TallaはBotChainをボットが情報をやりとりするためのベーシックな方法にしたいと考えているため、ユーザーのコミュニティに公開しました。人が関与していないときでさえ、企業が自信を持ってビジネスを行う方法を模索する中で、これらのタイプのプロジェクトは重要な構成要素になりうるかもしれません。

 

BotChainは、Galaxy Digital、Pillar、Glasswing、Avalonなどの機関投資家に対して、プライベートトークンで500万ドルを調達したと語りました。

 

さらに、コミュニティの利害関係者から追加の資金を調達するために別のトークン事前販売を実施する予定です。

 

「このトークンの販売は”私たちのコミュニティ”にアクセスする方法です。これらのトークンを購入することで、ユーザーは資産の登録を開始し、自社のマシンが行ったことの不変な記録のチェーンを作成することができます。」

 

同氏は今年、約2000万ドル相当のトークンを販売する予定だと語っていました。

 

参照元