フィンテックでは、ブロックチェーンテクノロジーの初期のアプリケーションが多くありましたが、どのようにブロックチェーンを使用して知的財産(IP)の保護を向上させることができるでしょうか?

分散した元帳技術は、多くのユースケースで実装できることは明らかとなっており、いくつかの例を紹介していきます。

 

IP登録システム

特許を提出するのにどれくらい時間がかかるでしょうか?

米国を例に見てみましょう。 2016年度のデータを見ると、USPTOは通常、提出から最初の事務処理まで約16.2ヶ月かかっています。

平均総保留期間は約25.3ヶ月となりました。

 

また、コンピュータアーキテクチャのような特定のカテゴリの特許は、全体の平均よりもはるかに長い時間がかかります。

問題は多くのIP申請が手動審査を受けなければならないということです。

 

発動者の出願スピードが重視される業界では、特許代理店やその他の規制当局の承認を得ることが難しい場合があります。

 

集中型登録システムを分散型システムに置き換えることで、新しいIPの登録だけでなく、いつでもファイルの更新や所有権の移譲が容易になります。

ブロックチェーンを使用することで、 承認待機時間の短縮が可能となり、企業は知的財産法によって保護されたイノベーションを推進することができます。

 

芸術へのIPサポート

IP所有のもう一つの大きな問題は、どの実体が最初にIPを作成したかを伝えることです。

長い承認プロセスと多数の国内IP規制のために、誰がIPを所有しているかを明確に定義する方法はありません。

 

例えば、歌手は既存の歌と同様の音を放出するかもしれません。

この曲が似ているかどうかにかかわらず、過去に発生したこのようなケースでは、通常、曲がリリースされてから数年後に解決される大規模なIP侵害訴訟がいくつか起こりました。

 

ブロックチェーンベースの登録システムでは、以前に登録された曲の既存のIPを新しい曲が侵害しているかどうかを検証する方がはるかに簡単です。この技術は、人工知能の助けを借りて、アートや音楽のような他のものにも転用できます。

 

偽造防止

残念なことに、多くの場合、企業は競合他社の既存の知的財産権を盗んで食料、衣類などを生産しています。

現代では、一部の企業にとって、そのような慣行を逃し、数百万ドル、あるいは数十億ドルの利益を得ることは比較的容易です。

 

物理的な製品では、少なくとも、RFIDタグによるブロックチェーンの統合は、すでに実装されています。

この技術により、規制当局は、輸入品のようなものであれば、単に製品のバーコードをスキャンすることによって偽造品であるかどうかを簡単に知ることができます。

 

IPに焦点を当てたブロックチェーンプロジェクト

現在、IP登録/作成者検出システムの作成に取り組んでいるブロックチェーンプロジェクトはごくわずかです。

 

しかし、IPCHAIN Databaseのようなプロジェクトではこれを変えようとしています。

このプロジェクトは、IP情報をよりよく研究する方法を望む人や企業にとって確かに有益ですが、IPCHAIN Databaseは一歩進んでいきたいと考えています。

 

結局のところ、このプロジェクトは、世界中の知的財産権申請の承認の法的スタンプになることを目指しています。

この考え方は、既存の政府規制機関が現在のIPファイリングシステムを改善するためのソリューションとしてIPCHAINデータベースを使用するということです。

このプロジェクトは、世界知的所有権機関(World Intellectual Property Organization)の基準を遵守し、採用を拡大することができます。

 

偽造を厳重に取り締まるいくつかのプロジェクトが既に存在しています。

1つの例はVeChain Thorであり、これはすでに中国最大の高級ワインの輸入業者であるDIGと提携しています。 VeChain Thorは、各製品に特別なRFIDタグを付けることにより、すべての製品が本物であることを確認することができます。

データは分散化されているため、単一のデータベースをハックして製品のラベルを変更することはできません。

 

また、情報はブロックチェーンに保存されるため、サプライチェーンの誰もが製品を追跡して検証し、製品が本物であることを保証することができます。

Waltonchainも同様の目標を持った別のプロジェクトです。

すでにいくつかの主要なパートナーシップを確立しており、現在はAlibabaのIoT Connectivity Allianceに属しています。

 

現在の考えうるべき障害

考慮すべき最も難しい障害の1つは、IP弁護士と規制当局が実際にブロックチェーンとAIを現在の規制方針にどのように統合するのかということです。

ソフトウェア製品のコードがオリジナルであり、既存の特許を侵害しないことを確認するなどの使用例は、キーワードマッチでGoogleをスキャンする類似のテクノロジによって自動的に実行できます。

 

しかし、この変化は知的財産権の専門家にとって新たな課題をもたらす可能性があります。

 

たとえば、ソフトウェアプロジェクトがオープンソースではなくIP法によって裏付けされている場合、同様のプロジェクトでどれくらいのコードを再利用できるのでしょうか?

また、現行の特許法では、特許を取得するためにファイラーが1行のコードを提出する必要はありません。

ファイリングがはるかに速く簡単なブロックチェーンベースの特許システムでは、コードなしで一般的な製品アイデアを提出するというコンセプトは、より厳しい裁定につながる可能性があります。

 

そして、特許関係者が現在のファイリングプロセスを変更してファイラー提出時にプロトタイプを提供することも考えられます。

ブロックチェーンベースのIPはまだ初期段階ですが、いくつかのプロジェクトでは技術の開発だけでなく、実際の導入も開始されています。

ほとんどの場合、企業は採用したいと考えているようです。

 

 

参照元