先見性のある人たちは先に進んでいくでしょう。

ですが即時的に産業界とプロセスの変革を望む人は先に進みません。

 

これは、ブロックチェーン技術分野がどのように形作られているかを1文で要約したものです。

ブロックチェーンテクノロジーは、商業的自己利益と革新への真の願望によって注目されているものの、この非合理的な盛り上がりはプレスとベンダーの誇大宣伝な世界であると見られています。

 

では、もう一つの世界とはなんでしょうか?

それは、企業のビジネスとテクノロジーの専門家が実際にブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいる世界です。

この世界は合理的な評価の段階にしっかりと固定されており、誰もがブロックチェーンベースの(または実際にブロックチェーンに触発された)ネットワークに大規模な展開が差し迫っているわけではないことに同意しているような世界です。

 

ですが、ブロックチェーンベースのネットワークの真の変形可能性が技術的理由でないために、実現には長い時間がかかることが見込まれます。長期間取り組む準備が必要であることが今のところ明らかとなっています。

進められるプロジェクトは3つのカテゴリーに分類されます。

 

純粋な研究開発

これらのプロジェクトは、ブロックチェーンベースのシステムを開発することが何を意味するのかを理解することに焦点を当てています。

理想的には、彼らは実際のユースケースで作業します。究極の目標は調査と学習であり、必ずしも現実のシステムの提供ではありません。

 

即時のビジネス利益

これらのプロジェクトは2つの拠点をカバーしています。

 

  1. この新技術をどのように活用するかを学ぶこと
  2. 実際のビジネスコンテキストで展開できる実際のシステムを提供すること

 

これらのプロジェクトの多くは社内のものなので、問題ありません。

大規模なグローバル組織は、特定のプロセスを内部のブロックチェーンに置くことで大幅な効率化を実現できます。

 

他のプロジェクトは企業間であり、複数のプレイヤーが関わっています。

2018年に生きる人々は比較的小規模のままで、既存のプロセスを改革するよりもむしろその改善に重点を置く可能性が高いでしょう。

 

長期的な転換が実現する可能性

これは、ブロックチェーンベースのネットワークの真の価値を実現するためには、プロセスや業界全体の改革、公共部門の組織の機能の再構築を意味すると認識しているビジョナリーの領域です。

 

ビジネスとテクノロジーの両方の観点から、ブロックチェーンネットワークが何であるかを十分に理解することなく、ハイテク産業の約束のサイレンコールを守っている人たちとは別のものです。結果として生じたプロジェクトは失敗する可能性が高いと言えるでしょう。

 

Forresterは、2018年をブロックチェーンの取り組みの年と見ています。

ヘッドラインを現実のものにすることに失敗した人々は、投資を断念してあきらめ、長期的には技術とその変革の潜在的可能性を深く理解している人々は、今後も鍛錬を続けます。

 

 

 

参照元