5月5日土曜日、アゼルバイジャン地方のニュース・アウトレットの報道によると、 仮想通貨 取引での収入は課税対象となるとの報道がありました。

 

 

税務省のニジャット・イマノフ氏は、バクーにおける第2回財務投資フォーラム(FIF 2018)で新たな基準の概要を述べました。

「これは法人の利益税と個人の所得税として公式化されます。誰かが 仮想通貨 を購入し、価格が上昇した後に販売した場合、この金額は収入として記録されます。これは課税されるべきです。」

 

 

アゼルバイジャンの 仮想通貨 市場は2017年5月から12月の間に著しい成長を見せ、 仮想通貨 取引がますます人気のある収入手段になっていることを報告しています。

 

 

仮想通貨 取引は、ほとんどの国で課税対象として認識されており、所得または利益(キャピタルゲインとも呼ばれます)税法に該当するようです。

仮想通貨 を資産として扱い、課税対象としての 仮想通貨 の購入、販売、貿易、および鉱業を扱っている米国の税務当局、IRS は、多くのトレーダーが失敗したことを懸念しているようです。

IRSは顧客データを 引き渡すために、主要なアメリカの 仮想通貨 取引所のコインベースを必要としています。

 

 

参照元