土地の所有権問題は複雑ですが、ケニアではブロックチェーン技術を使用して土地の所有を証明するためのチームが組み立てられています。

 

ケニア、ブロックチェーンによる土地所有を合法化する計画

ケニアはアフリカ大陸の技術大国と見られています。

しかし、明快であるべき土地所有権遷移のプロセスでは官僚の汚職問題が散見されます。

土地の『二重所有権』のケースは、富裕層の重要な貯蓄であり、役員がお金を払って容易に文書を交換できる、多くの発展途上国で見られます。

ケニアの情報大臣Joseph Mucheruは、ブロックチェーンと人工知能技術がどのようにして土地の盗難を止めることができるかを調査するチームを結成しました。

ブロックチェーンベースの権利ディレクトリを作成する支持者は、分散型元帳ネットワークで権利を確立することがオフィシャルであると信頼される必要があると言います。

 

Mucheru氏は、ブロックチェーンプラットフォームを使用すると、「セキュリティ、効率性、および透過性」が提供されると述べています。

 

ケニアは土地所有権紛争で闘うアフリカの唯一の国ではありません。旧植民地時代のほとんどの国は植民地時代に確立された土地所有権について未だに問題をはらんでいます。

ナイロビを拠点とする不動産会社のLand Layby GroupのPeter Tole氏は、政府のチームと並行して目標を立て、商業目的を念頭に置いて取り組んでいます。

彼の会社は、顧客が不動産を安全に購入するのを支援するために、プライベートブロックチェーンベースの土地登録ネットワークを立ち上げました。

Toleは、このネットワークをタンザニア、エチオピア、ガーナ、パプアニューギニアのようなケニアと同じ問題に直面している他の国々に拡大したいと考えています。

彼はロイターに対し、 「私は大部分のアフリカ諸国政府が土地登録に革命を起こす、この(ブロックチェーン)技術を様子を伺っている」と語っています。

 

Blockchain Powered Land

貧しい国で最も一般的な土地紛争は世界中で問題となっていますが、世界銀行は世界の人口の70%が適切な土地の権利へのアクセスが不足していると推定しています。

最も裕福で最先端の国々の1つが、既に2017年にブロックチェーンを使用した高度にデジタル化された記録保持システムを改善する方法を見ていました。

スウェーデンの土地登記機関Lantmäterietは、2019年の運用を開始できるようプライベートブロックチェーンネットワーク上に土地の記録を動かすための二相試験を完了し、準備を終えました。

HunderousやGeorgiaのような他の国も同様のネットワークでテストを開始しています。

 

 

参照元