エチオピアのブロックチェーン活用

エチオピアは、最大の輸出品であるコーヒーのサプライチェーンを追跡するために、ブロックチェーン技術の使用を検討しています。

 

ブロックチェーンの研究開発会社IOHKと提携して、コーヒー貨物およびその他の農業分野のブロックチェーンアプリケーションを開発しました。
プレスリリースでは、IOHKはプロジェクトのためにエチオピア科学技術省と協力し、同国の閣僚、起業家、新興企業と密接に協力すると述べています。

 

プラットフォームとしてのブロックチェーン

また、科学技術大臣のGetahun Mekuriaは、研究がエチオピアの開発者による作業の基盤としてのCardanoブロックチェーンプラットフォームの使用に焦点を当てていると述べました。
IOHKのCEOであるCharles Hoskinson氏によると、同社の取り組みはサプライチェーン・プロジェクトを超えているとのことです。
彼は下記のように述べています。

 

「訓練している地域のブロックチェーン開発者を雇用しますが、雇用しない方は民間企業などで働くことになるでしょう。最上級クラスはすべて女性、そのクラスの卒業生はアフリカにおける最初のベンチャーであるカルダノ(Cardano)技術を使用して、ベンチャーを創出します。」

 

参照元