最近、ユーザーデータを侵害するセキュリティおよび監視データ侵害の数の増加は、第三者のユーザーが膨大な量の個人データを収集し管理する現行モデルを疑問視しています。

ビッグデータ時代には、データが常に収集され、分析され、イノベーションと経済成長につながりました。

企業や組織は、収集したデータを使用して、サービスのパーソナライズ、企業の意思決定プロセスの最適化、将来の動向の予測などを行っています。

私たちはすべてデータ駆動型社会のメリットを享受していますが、ユーザーのプライバシーに関する懸念が高まっている状況です。

公的機関も民間機関も集中化された組織で、大量の個人情報や機密情報を収集します。

個人は、保存されているデータとその使用方法をほとんど、またはまったく制御できません。

 

Facebookとケンブリッジアナリストのデータ漏洩論議

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグが、ユーザーデータの不正使用の疑いのあると認め謝罪したことは記憶に新しいですよね。

ケンブリッジ・アナリティカのスキャンダルは、学術目的のために収集されたデータは実際に2016年の米国大統領選挙キャンペーン中に政治的な広告をターゲットするために使用されたことを明らかにしました。

議会のパネルの前にザッカーバーグが登場した後、Facebookのデータプライバシーに対する全面的なアプローチに欠陥が生じる可能性があります。

人々はプライバシーが侵害されることを心配していますが、Facebookのような企業は利益を得て株主を満足させることに注力しています。

主に広告主に代わってユーザーデータを収集、販売、分析して収益を上げていることは有名です。

 

ブロックチェーンを使用してデータを制御する方法

全Facebookデータの漏洩 論争がその場面で壊れたとき、多くの専門家は、ケンブリッジアナリティカの視点で、それが許可ベースの分散型ブロックチェーンに格納されていれば、ユーザーのデータを誤用することはできなかったという見解でした。

ブロックチェーンは、信頼できない関係者が共有するデジタル履歴について、仲介者なしで同意できるようにする一種の分散データベースです。アイデンティティにブロックチェーン技術を適用することについては、2つの考え方があります。

 

  1. ユーザーが制御するID:まず、ユーザーが制御するIDのブロックチェーンを使用します。ユーザーが管理するIDは、ソーシャルメディアアカウントに似ています。作成するには、既存のID資格情報(運転免許証や出生証明書など)は必要ありません。ブロックチェーンベースのアカウントは、インターネット上で使用することができ、さらに、ユーザーはケースバイケースで自分の情報へのアクセスを許可および取り消すことができます。
  2. 同一証明:ユーザーが制御するIDとは異なり、既存の資格情報(運転免許証や出生証明書など)を確認し、その情報をブロックチェーン上の正当な所有者に結びつけることです。これにより、伝統的な形式の識別のための分散データベースが効果的に作成されます。

 

個人データや機密データは一般に、攻撃や悪用の影響を受けやすい第三者の手に渡って信頼されるべきではありません。

その代わりに、ユーザーは、セキュリティを損なうことなく、また企業や当局のパーソナライズされたサービスを提供する能力を制限することなく、データを所有し、管理する必要があります。

ブロックチェーンプラットフォームでは、アクセス制御モデレーターとして再編成されたブロックチェーンとオフブロックチェーンストレージソリューションを組み合わせることで、これを可能にします(例えば、別のデータストア、サーバー、またはサードパーティーなどのブロックチェーンのどこかでデータと計算を移動する場合、ブロックチェーンのフットプリントが縮小されます)。

ユーザーは第三者を信頼する必要はなく、収集されているデータとその使用方法について常に認識しています。

さらに、ブロックチェーンは、ユーザーを個人データの所有者として認識します。

企業は、データの適切な保護と区画化に過度に配慮することなく、データの利用に専念することができます。