最新の研究によると

ビットコイン などのデジタル通貨の基盤となるブロックチェーンテクノロジーを実際に採用した企業は非常に少なく、この注意は聞き入れるべきだと指摘しています。

さまざまな業界のCIOの意見を求めたガートナーの最新レポートによると、同社の役員のうち1%だけが自社のブロックチェーン採用を目の当たりにしていることがわかりました。

 

そして、そのCIOの8%だけが、この技術を積極的に試していたか、近い将来に何らかの実装を計画していました。これはかなりのレアケースです。

それは、CIOの実に77%がブロックチェーンに関心がなく、技術のまわりで何かを開発する予定はないとの調査結果から明らかとなっています。

前述のように、ブロックチェーンや革新的なことは、 仮想通貨 だけではなく、多くの業界で混乱を招き、一種の過大評価ではないかという見方も出てきます。

したがって、ガートナーは、ブロックチェーンがどのようにビジネスに適合するかを検討する際に、注意が必要だと主張しています。

 

今後

ガートナーフェローのDavid Furlongerは、

「明日の企業、産業、社会をどのように変えるかといことよりも、ブロックチェーンが何であり、何が今日可能かを理解することが重要である」とコメントしています。

 

Furlongerは、企業が誇大宣伝によって吸い込まれる可能性があり、初期の段階で大規模なブロックチェーンへの投資に急がれ、本質的に現金を無駄にしてしまう可能性があると主張しています。

Furlonger氏はまた次のようにも述べています。

ブロックチェーンは、過剰な期待の中で、技術的な成熟度を高め続けている。

 

まとめ

注意はしつつも、ブロックチェーンの技術的な成熟から判断すると、将来的な期待は小さくないと言えるのではないでしょうか。