複数の取り組み

韓国政府は、 2022年までに資金調達を終了する予定であると発表しました。政府はブロックチェーン技術の開発と発展を促進するため、10,000人以上の産業専門家と100社を育成する予定です。

さらに、同国の計画は、投資をいくつかの異なる方向に合理化することです。全体的な目的は、ブロックチェーン技術における国の競争力を高めることです。

 

1 – プッシュパイロットプロジェクト

来年からは、規模を拡大し、6つのブロックチェーンパイロットプロジェクトの支援をさらに進める計画です。それらは異なる分野にまたがって広がっており、ブロックチェーン技術の業界間の利点を強調しています。プロジェクトは以下に焦点を当てています:

  • 多国間の電子文書配布
  • 海上物流
  • 簡単な不動産
  • オンライン投票
  • 個人通関
  • 家畜記録の管理

2 – サービスとしてのブロックチェーン(BaaS)

韓国の省庁はまた、BaaSの発展を支援する意向を発表しました。彼らの主な目標は、ブロックチェーン技術の開発を専門とする企業をさらに支援することです。これを実現するために、同省は中小企業への年間支払額を保証する約10のBaaS購入伝票を提供します。

 

仮想通貨 規制へのより実践的なアプローチ

立法の透明性のためのプッシュ

この発表はまた、省庁が研究チームを組織するという事実を強調しました。

ブロックチェーン技術に基づいて、従来の法的契約と新たな スマートコントラクト との間の立法上の相違をクリアすることが優先されます。この発表はまた、ブロックチェーン技術開発者の開発者にとって潜在的な税制上のメリットを示唆しています。

 

 

参照元