BMicrosoft Azureの最高技術責任者(CTO)Mark Russinovich氏は、GeekWire Cloud Tech Summitでは、ブロックチェーンの様々なアプリケーションが2018年に見られると語っています。

MicrosoftのXbox部門では、EYと提携して、ゲーム開発者、出版社などがロイヤリティの計算を簡素化するためのブロックチェーンサービスを提供しています。Russinovich氏によると、このサービスは今年2月にテストを開始し、今年中に主要パートナー向けに発表される予定で、ロイヤリティと契約情報を即座に把握できるようになるといいます。

 

 

Microsoftは、海上保険のブロックチェーンサービスにも携わっています。 EY、Guardtime、A.P.Møller-Maerskなどが、Azure上で動作するブロックチェーンベースのプラットフォーム制作のためにチームを結成しました。

海上保険は、船舶が別の国に侵入するたびに保険料が変わる可能性があるため、例えば自動車保険よりもはるかに複雑な手続きが必要です。この種の保険の性質、関係する多くのステークホルダーと政府機関が価格を押し上げている要因となっています。ブロックチェーンを通じてプロセスを自動化することで、海上保険がより単純化され、価格が下がるとの見方があります。

 

 

参照元