アーカンソー州では、農業におけるブロックチェーンの可能性を研究しています。この技術は、植えられた瞬間から誰かがそれを食べる瞬間まで、農場から食卓まで、農作物を追跡することができます。

 

最近、5人が死亡し、数十人が病気になった大腸菌の例は、最終的にはアリゾナ州ユマで栽培されたロメインレタスに由来していました。調査には数日かかり、さらに多くの人が汚染されたレタスを食べました。しかし、研究者がソースを発見した後でも、汚染されたレタスを出荷した農場を特定できませんでした。

 

データがブロックチェーンに保存されていた場合、CDC(Centers for Disease)は数秒でソースを発見できた可能性があります。それによって、命を救えた可能性があります。

これは、農業が主な業界であるアーカンソー州にとって重要な技術です。彼らは世界中に食品を出荷し、ブロックチェーン技術により消費者が輸出された作物を信頼することができます。

 

 

参照元