中国の電子商取引大手アリババは、新しい特許提出書類によると、国際収支をスピードアップするためにブロックチェーン技術の使用を検討しています。

 

特許出願「ブロックチェーンの勘定残高を調整するシステムおよび方法」は、今年1月に中国国家知的所有権庁に提出され、金曜日に公開されました。

たとえば、サードパーティの決済サービスと異なる地域の銀行パートナーは、すべて構想されたブロックチェーンを形成するための ノード として機能すると述べています。その後、各 ノード は、第三者支払ベンダーのモバイル ウォレット の口座を反映して、ユーザー残高の元帳を維持します。

 

 

トランザクション 要求が開始されると、 ノード は、フォローしなければならない法的コンプライアンス手順を考慮して、ユーザーのアカウント残高を検証します。

ノード は、分散された方法で取引金額を送受信するユーザーの残高を更新し、仲介者の必要性を排除し、取引時間の遅延を回避することが可能になります。

 

 

参照元