ブロックチェーン技術系講演

サブ会場では、ブロックチェーン事業を手掛ける各企業のトップにより、「ブロックチェーン×技術」をテーマにサービスやプロダクトに関する紹介が行われました。

 

NPO法人ヘルスケアクラウド研究会

NPO法人ヘルスケアクラウド研究会笹原英司氏は、ブロックチェーン技術の医薬品・サプライチェーン・ガバ ナンス への活用について講演を行いました。

またRegTechとブロックチェーン技術の親和性の高さについても語っています。

 

Ontology

OntologyMATHIAS GLINTBORG氏は、同社が手掛ける新高性能パブリックブロックチェーンプロジェクトに関する講演を行いました。

法律制度・テクノロジー・コミュニティが信頼の礎になっていることを強調し、それらをブロックチェーンによって管理する事の必要性を語りました。

 

GIFTED AGENT

GIFTED AGENT川崎純真氏は、70人の村で10日間オリジナル 仮想通貨 のみを使い、新たな経済圏を作るプロジェクトを試みています。2018年に加賀市が独自通貨を発行することにも触れ、新たな社会を作って少しずつ既存社会に影響を与えていくことの必要性を語りました。

 

ダナン工科大学

ダナン工科大学HUYNH CONG PHAP氏は、ダナンにおけるブロックチェーンの現状について語りました。ベトナムではまだブロックチェーンは浸透していない現状を打破するため、ワークショップやセミナーなどのイベントを開催する活動を行っているそうです。

 

Infinito Wallet

Infinito WalletELLENA KI氏は、同社が手掛けるユニバーサル ウォレット 「Infinito Wallet」の紹介を行いました。複数のWalletを管理しなければならない手間に着目し、機能性・安全性を確保したシステムを開発したと語りました。

 

O3 Labs

O3 LabsArco, Andrei氏は、同社が開発したNEO ウォレット 「O3 Wallet 」の紹介を行いました。NEOブロックチェーンを採用した理由として送金が早いこと、手数料がかからないことを挙げました。

 

株式会社ネクストカレンシー

株式会社ネクストカレンシー福田涼介氏は、 DApps の長所と短所から話題のブロックチェーンゲーム、 イーサリアム の脆弱性について語り、D Tecnologyの可能性を考察しました。

 

Chronicled, CryptoAge

Chronicled, CryptoAge渡辺創太氏は、「ブロックチェーンの健全な発展のために私たちができること」をテーマに、ブロックチェーンが将来的に世界に及ぼす影響について語りました。2020年までにはGDPの10%分のデータがブロックチェーンに登録されると見立てています。電力をトークン化したリトアニアの例等を交えつつ、ブロックチェーンが将来を支えると語りました。

 

GameHub Corporation

GameHub CorporationDENNIS KIM氏は、「PlayCoin」について講演を行いました。PlayCoinとはゲームのために作られた 仮想通貨 のことで、将来的にはGoogleプラットフォームのようなものを作りたいと語りました。

 

株式会社Taxlabo

株式会社Taxlabo高山政信氏は、 仮想通貨 の税務について講演を行いました。 仮想通貨 の定義は明記されているものの、 仮想通貨 に関する法律はほぼないのが現状だそうです。 仮想通貨 に関する法は今後改訂されていくことが想定されるそうです。

 

弁護士法人法律事務所オーセンス

弁護士法人法律事務所オーセンス西尾公信氏は、ブロックチェーンと法律に関して講演を行いました。ブロックチェーンの高い改ざん耐性において、裁判の証拠として有効になる可能性を語りました。また、現在ブロックチェーンに関する規制は存在せず、今後制定される可能性も今のところ低いという見立てです。

 

 

■BLOCKCO+ Tokyo 2018関連記事はこちら

BLOCKCO+ Tokyo 2018 イベント開催!

BLOCKCO+ Tokyo 2018【メイン会場参加レポート①】

BLOCKCO+ Tokyo 2018【メイン会場参加レポート②】

BLOCKCO+ Tokyo 2018【企業ブース&企業講演参加レポート】

 

<関連リンク>

イベントレポート!『Block Co+ Tokyo2018』にアニメ界の巨匠、松本零士氏が登壇!トリニティプロジェクトを発表