企業ブース

企業ブースでは多くの企業が自社のサービスの紹介や 仮想通貨 についての相談が行われていました。

また、ブース中央には「LuckRaise」によるカジノスペースが設けられており、本格的なカジノを体験できました。

 

VR体験コーナー

企業ブース別会場では、VR体験コーナーも併設されていました。

対戦型VRゲームやシューティングなど本格的なVR機器が多数用意されており、アミューズメント業界における技術発展の目覚ましさを感じられる空間となっていました。

 

企業セミナー

GX chain

GX chain様はブロックチェーンを活用したデータ取引サービスについて講演を行いました。

中国の人口は13億人。世界最多の人口を誇ります。つまり、それだけ多くのデータが生み出されているということです。

しかし、情報の管理体制に不透明な部分もあり、仲介会社による中間搾取も横行していました。中国では、情報の透明性が求められたということです。

データマーケットプレイス、ライブプロダクトなどのサービスを同社は提供しています。対企業・対消費者のサービスとなっています。

顧客としては今や国際的なブランドとなりつつある、ユニオンペイも顧客のうちの1社であると述べていました。

 

GX chain 公式サイト

 

VReS

VReS様はブロックチェーン技術をどのように活用するかという観点で講演を行いました。

AR、VR、MRの総称あるXRについて説明した後、ブロックチェーンの成り立ち、そして、ブロックチェーンの活用法という流れで語りました。

特に熱を込めていたのは、VRでesportsを行い、そのトーナメントなどを行う際にブロックチェーン技術を活用する「トーナメントシステム」といったものでした。これは合意形成されたトーナメントに関して、 スマートコントラクト で賞金を再分配していくといったものだそうです。

 

VReS 公式サイト

 

代表して2社の紹介をさせて頂きました。

実に多くの企業が参加しており、今後のブロックチェーン技術の進展は非常に楽しみと言えるのではないでしょうか。

 

 

■BLOCKCO+ Tokyo 2018関連記事はこちら

BLOCKCO+ Tokyo 2018 イベント開催!

BLOCKCO+ Tokyo 2018【メイン会場参加レポート①】

BLOCKCO+ Tokyo 2018【メイン会場参加レポート②】

BLOCKCO+ Tokyo 2018【サブ会場参加レポート】

 

<関連リンク>

イベントレポート!『Block Co+ Tokyo2018』にアニメ界の巨匠、松本零士氏が登壇!トリニティプロジェクトを発表