SMC Nutritionは、サプライチェーン全体の可視性を確保し、食糧安全保障を確保するために、シンガポールに本拠を置く企業が開発したブロックチェーンを活用しています。

 

食品栄養管理会社のSMC Nutritionにとって、世界各地の食品汚染事例が増えている中で、食糧安全保障は重要な優先事項となっています。

消費者はSMC Nutritionの食品に関するQRコードをスキャンして情報にアクセスし、有機またはハラール製品の真正性を保証することができます。

 

APAC(Asia-Pacific)地域は、中国とインドで広くブロックチェーン技術が活用されているため、この技術がより早く広まることが期待されています。

 

 

 

参照元