6月30日土曜日のCriptoNoticias報告書によると、スペイン与党のパルチード・ポピュラリティ(Puentido Popular)の133人の代議員がスペインの行政でブロックチェーンを使用する法案を提案した。

 

この法案は6月22日にスペイン議会に提出され、6月26日に立法府の公式ウェブサイトに掲載されたが、議員の審査は受けていません。さらに議会のウェブサイトには、これまでのところ、法案の詳細情報は示されていません。

 

Cointelegraphが2月に報じたように、スペイン与党はブロックチェーン技術を利用している企業に税制優遇措置を与えると考えられています。この関連法案は年末までに完成する予定です。

 

 

 

参照元