イギリスの住宅省長官Eddie Hughes 氏は、 7月4日のブロックチェーンの報告書発表し、政府に技術とその利点を優先させることによって「リーダーシップを発揮する」よう呼びかけました。

報告書「ブロックチェーンのロック解除」は、エストニアで進行中の国家プロジェクトを使用して、いくつかの重要な提案をしています。

「社会の自由を有効にし、効率を上げ、社会の信頼を回復するために、ブロックチェーンを使用することに集中させなければならない」

「国家は、技術を利用して、国家との必要な交渉に個人を参加させるべきである」

とヒューズ氏は要約しています。

 

 

政府は、最近数カ月間ブロックチェーン活用の可能性を模索しているが、国会議員が分散型技術をどのように利用するのかは不明としています。

引き続きEddie Hughes 氏は、政府部門のブロックチェーンを使用して、1%削減、つまり約80億ポンド(約105億6000万ドル)の削減目標を掲げ、「長期的な」コスト削減運動を提案しました。

Eddie Hughes 氏は、「収束時にAIなどの他の重要な新技術を含めるように拡大すべきだ」とも述べています。

併せて、司法手続きを調整するために、国は「チーフ・ブロックチェーン・オフィサー」を持つべきであると、報告書は付け加えました。

 

 

 

参照元