開店入札から販売終了まで、ほとんどの消費者が直面している複雑で冗長な家を買うというプロセスをブロックチェーン技術は変える可能性があります。

過去10年間、ブロックチェーン技術は実験から早期採用、特に「 スマートコントラクト 」を通じた トランザクション の側面を検証するために金融会社によって早期採用されています。また現状では、データをより迅速かつ正確に検証する可能性があることから、ブロックチェーンの福音は多くの業界に広がっています。

 

不動産取引プロセスの多くはデータの検証を必要とするため、ブロックチェーンはプロセスを再設計することが可能です。

買い手と売り手が トランザクション にブロックチェーンプラットフォームを使用することに同意すれば、 トランザクション の他の参加者を並行しなくてはならないと予測しているものもいます。

 

住宅ローン業界でブロックチェーンを専門とするコンサルティング会社、Symmetry Blockchain Advisorsの最高執行責任者、Debbie Hoffmanは

5年前、住宅購入者はデジタル文書署名に取り入れられてましたが、今では住宅購入業界は「ブロックチェーンに興味を持っている」と述べています。

また、「家に関するすべての情報がその家に関するデータブロック内にあるという多くの構想が最終結果としてもたらされる」とも述べています。

 

 

すべての住宅改善、許可、関連ローン、および作業を行った建設会社も、そのプロパティのデータブロックに埋め込まれている可能性があります。

「借り手、買い手、共には将来の購入に有効な情報を持っています」とDebbie Hoffmanは述べています。

 

 

参照元