2674/
韓国インターネット振興院(KISA)と韓国住宅金融公社(HF)は住宅ローンの電子文書を管理するブロックチェーンシステムを導入する予定です。

KISAは、新しいシステムの構築と運用のためのコンサルティングと技術をHFに提供する予定です。低・中所得者向けの住宅金融サービスを提供するHFは、紙文書を電子化し、オンライン登録文書保管システムに移行します。

 

このシステムはまた、顧客のデータ保護を拡大し、顧客体験を合理化するために、ブロックチェーンベースの自己識別サービスを提供することを目指しています。李正煥最高経営責任者(CEO)は、「住宅金融公社の製品をモバイルで簡単に利用できるようにサービスを改善する」と述べました。

2004年に設立されたHFは、ウェブサイトによると、住宅資金の安定供給を支援して、韓国経済の発展を促進する国営企業であり、KISAは、韓国のインターネットのサイバーセキュリティを監督する韓国科学技術省の下位組織です。

 

さまざまな教育機関、財務機関、政府機関が、文書を安全かつ効率的に格納するためのブロックチェーン技術の可能性を探っていると言えます。

 

 

参照元