韓国政府は、イノベーション成長への後押しの一環として、ブロックチェーンを含む先端技術の開発に焦点を当てた企業の利益拡大に向けた現行の税制改正案を発表しました。

CoinDesk Koreaの報告によると、8つの政府機関の閣僚会議の後、11地域で「新成長技術」を扱う157の企業の税率を引き下げることを決定しました。

 

さらに、閣僚は、企業が減税の恩恵を受ける資格を得るための基準を下げることを提案しました。現在、税額控除を得るには、前年の総売上高の5%以上を研究開発に配分し、研究開発投資の10%はブロックチェーンなどの新しい成長技術に投資する必要があります。

 

スタートアップ企業は初年度の売上不足により、税制上の優遇措置を適用することが困難になる可能性があるため、大臣たちは、研究開発投資の要件を今年の総売上高の5%以上に変更する必要があると指摘しています。

 

 

参照元