中国のワクチンメーカーの不正行為をめぐるスキャンダルで、先週、激しい議論が巻き起こりました。

 

この騒動は、内部情報を基に、中国の国家薬物管理局(National Drug Administration)がChangsheng Biotechnology社の調査を開始し、狂犬病ワクチンの生産データの改ざんしていることが判明しました。

このニュースは、子どもに安全なワクチンを与えることができないのではないかとの懸念から、国内だけでなく国際的にも広く批判を浴びました。問題のワクチンは回収され、製造中止が命じられたといいます。

 

大衆の抗議と並行して、中国のブロックチェーン支持者は、8btcのようなソーシャルメディアプラットフォームを使って、ワクチンの製造と流通のすべての段階が改ざん防止台帳で追跡できるようになるため、製薬業界におけるブロックチェーンの採用を推進しています。

 

 

 

参照元