2018年7月25日、株式会社オウケイウェイブ本社にて新代表取締役会長に就任した兼元謙任氏、新代表取締役社長に就任した松田元氏の就任記者会見が行われました。

 

会見の内容としては、新社長に就任した松田元氏によりOKWAVEが主軸として考える”感謝経済”の展望に加え、オリジナルブロックチェーン技術プラットフォーム「Thor’s Hammer(トゥールハンマー)」の開発を開始するという発表がされました。

ブロックチェーン技術により”感謝”を顕在化

OKWAVEの目指す「感謝経済」

 

「今まで価値化されなかった”感謝”をブロックチェーンとAIを活用し、OKWAVEで培ったデータベースとリンクさせることで、顕在化する」

と松田新社長は語りました。

 

単純に感謝を述べるのではなく、”ありがとう”を金銭化することによって今までの資本主義では評価されなかったモノが価値化されることにより、OKWAVEの目指す「感謝経済」を実現したいとのことでした。

具体的な施策として、ブロックチェーン開発を目的とした子会社であるOK BLOCKCHAIN CENTRE を設立、さらに 仮想通貨 関連事業を目的とするOKfincをマレーシアに設立しました。

Thor’s Hammer(トゥールハンマー)

 

Thor’s Hammerとは、 仮想通貨 ビットコイン のブロックチェーンやブロックチェーン・ベースの スマートコントラクト システムなどにおいて、認証にかかる時間とコストの問題を解決する当社オリジナルのブロックチェーンプラットフォームです。大きな特徴としては、サイドチェーン」と呼ばれるブロックチェーン同士を結合させる機能とOKWAVE独自のAI「KONAN」を組み合わせ、より安全な認証と マイニング コスト時間の縮小を図ります。(OKWAVEプレスリリースより引用)

 

サイドチェ―ンとは、メインとなるチェーンに加えて別のチェーンを加えることで、メインチェーンにはない認証スピードの迅速化などの機能を拡大することができる技術です。

資産や情報移動が簡単に行えるようになり、革新的な技術として、注目されています。

まとめ

ブロックチェーンを活用したOKWAVEの目指す「感謝の顕在化」は新しく、また、社会をより良く変えるだけの大きな影響力を持っているのではないでしょうか。

2019年内にサービスを開始する予定であるThor’s Hammer(トゥールハンマー)の今後の動向に注目です。