オーストラリアのコモンウェルス銀行(CBA)は、ブロックチェーン経由で追跡されたナッツを海外に出荷するという、世界的な貿易実験を完了したと発表しました。

 

分散型帳簿技術、 スマートコントラクト 、IoT(Internet of Things)を基盤とする新しいブロックチェーンプラットフォームは、オーストラリアのビクトリア州Sunraysiaからドイツのハンブルグに送られた17トンのアーモンドの貿易実験に利用されました。

鉄道輸送のためのパシフィック・ナショナル、メルボルン港、荷役業者パトリック・ターミナル、海運業者OOCL Limitedと提携し、CBAのブロックチェーン・プラットフォームを使用して、既存のプロセスと並行してパッキングから最終配達までの出荷を追跡しました。

 

CBAのマネージング・ディレクター、Chris Scougall氏は、次のように述べています。

「私たちは、ブロックチェーンがパートナーのビジネスにおける管理の負担を軽減し、クラス最高のサービスを顧客に提供できるようにするのに役立つと考えている。」

 

CBAによると、このプラットフォームはコンテナ情報、タスクの完了、出荷文書を保存することで、世界貿易の業務、文書、金融分野をデジタル化に一役買います。

 

 

参照元