「デバイス上の 仮想通貨マイニング するアプリケーションは許可していません。 仮想通貨マイニング をリモートで管理するアプリケーションを許可します。」

Google Play Storeのポリシーが最近更新されたことを受けて、Googleは 仮想通貨 アプリに対する姿勢を改めました。

 

ポリシーの後半で示されているように、クラウドやその他のリモート マイニング を容易にするような他の マイニング アプリケーションは削除されません

このポリシー変更は、2018年4月に実施されたGoogleの 仮想通貨 マイニング 拡張禁止を強化したものであり、6月にApp Storeおよびスマートデバイスからの 仮想通貨 マイニング アプリケーションを禁止したAppleにGoogleが続くこととなりました。

 

これらの禁止措置は、従来の技術企業が 仮想通貨 に対してとってきた最近の措置を思い起こさせます。

今年に入って、Google、Facebook、Twitterは業界全体で 仮想通貨 やブロックチェーン関連の広告を禁止しました。このような広告が遮断されて以来、Facebookはこの決定を覆したが、GoogleとTwitterはこれまでのところ、この決定を支持しています。

 

 

 

参照元