中国の農業スタートアップWangjiahuanが5800万ドル(4億元)を調達

シンガポールに本社を置くロジスティクス・ソリューション・プロバイダーであるグローバル・ロジスティック・プロパティー(Global Logistic Properties)が、ブロックチェーン対応食品品質管理プラットフォームを開発する資金調達を支援したと発表しました。

 

さらに、Wangjiahuanは資金を使用して、物流を促進するための情報を分析および収集し、分散帳簿技術( DLT )を使用して倉庫センターを設立し、中国全土で企業の事業を育成する大規模データクラウドプラットフォームを構築する予定です。

 

Wangjiahuanは、政府機関と機関のために1995年に設立された食品販売業者です。

同社には、倉庫センター、セントラルキッチン、ベースマネジメント、グループミールサービス、物流と流通、Eコマースの6つの主要部門があります。

 

最近になって、同社は中国全土で20万エーカー以上の高品質な農園を持つ他、中国全土で200以上の食品ブランドの一般販売権を与えられました。

 

 

 

参照元