ジャカルタ銀行インドネシア(BI)では、オンラインショッピングの動向(電子商取引)が急速に進んでおり、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が発行される可能性があると述べました。

 

中央銀行が考えているのはCBDCの効率性と有効性だけではありません。なぜなら、CBDCは経済にもリスクをもたらす可能性があるからです。

適切に準備されていない場合、CBDC発行は通貨循環を蝕んで経済流動性を崩す可能性があり、「まだ研究開発の段階にある」と述べています。

また、CBDCは、ブロックチェーン トランザクション テクノロジーをプラットフォームとして使用し、運用されることが検討されている状況です。

 

 

これに先立ち、金融サービス庁(FSA)の委員会会長のWimboh Santoso氏は、いくつかの国は、デジタル通貨中央銀行(中央銀行デジタル通貨/ CBDC)とブロックチェーンを使用して法定のデジタル通貨の適用を検討し始めたと述べました。

併せて、Wimboh氏は「インドネシアの人口が約17,000の島々に広がっているため、Fintechの開発と信頼性の高いデジタル決済が継続的に支援されなければならない」と述べました。

 

 

Wimboh氏は、CBDCの適用は、通貨当局および支払いシステムとしてBank Indonesia(BI)の役割を引き続き維持しなければならないのはもちろんのこと、金融システムの安定性と消費者保護の側面も、CBDCの適用において除外されてはならないと考えています。

一方で、Wimboh氏はCBDCの適用が支払いシステム費用を節約し、公的財政的な包括的増加を加速することを認識しています。

 

 

 

参照元