台湾中央銀行のYang Chin-long総裁は、 仮想通貨 の取引は、決済通貨や伝統的な金融システムに見られる信用要素を欠いていると述べました。

 

Chin-long氏のコメントは、台湾の銀行が進化するデジタル経済にどのように適応しようとしているのかを議論する会議の中でのものでした。

同総裁はフォーラムで講演し、安定して信頼できる通貨は、数年から数十年にわたる信頼できる取引によって支えられている、と述べました。

さらに、 仮想通貨 の不安定さと日常的な利用の難しさを批判し、適切な規制がないために、デジタル通貨が違法な活動に使われる可能性があるとも述べました。

 

11月には、台湾の金融監督委員会(FSC)が 仮想通貨 に関する規制の枠組みを導入すると予想されており、現在、FSCは内務省、調査局、および銀行と協力して規制案を作成していると報じられています。

 

参照元